ドキドキ そして数分後に、
「こんばん…。わぁ~~。みんな…いるし~~。」
朋代である。

「はい、トモさん。」
美玖、
「指定席に…どうぞ~~。」

瀧澤、内海、
「あら、梶ちゃん。お疲れ~~。」
「おぅ。」

康、
「お疲れ様です。」

いつもの席に着いて朋代、
「なんか、大変な事、あったんだって~~。そっちみたいにネットでそういうの…見れないから、他の部署に行ったら、その話で持ち切り。」

隣の葉月、
「かかかか、…だ~~ってさ~~、尾っ田ちゃ~~ん。」

そして木綿子が朋代に話して聞かせる。

「う~~っそ。そういう事…、できるんだ、尾田ちゃん。凄っ!!!」
朋代。

伸永、照れながら、そして右手を左右に振って。

奈都美、
「な~~に言ってんの~~。尾田君の、あれがなかったら、今、私たち、こんな風に飲んでらんなかったよ~~。」

その声に後ろのボックス席から内海、
「その通り。剛ちゃん、お代わり。」

康、
「早~~っや。」

「いやいやいや。今回ばっかりは、さすがに、どうしたものかと…。ねぇ、お馨さん。」

瀧澤、
「まっ、デランナに、乗り込む気持ちも…あったかな~~。」

康、
「…っという事は…部長、やっぱり、山城専務…???」

その声に瀧澤、
「うん。や~っぱりね~~。アプロ―チしてくれた人に当たるのが一番。こっちが営業で開拓した訳じゃないから。」

内海、
「しっかし…。おぅ、サンキュ、美玖ちゃん。」
美玖からジョッキを受け取りながら、
「やりたい放題だよな~~。デランナ~~。まさか…こう来るとは…。」

「ふん。何とか、派閥争いに…勝ちたいっていうのが、あったのかも…、知れないけど…。」
そう言って瀧澤、
「とにかく、伸永、今回は、でかした。今回のは、高くつくよ~~。」
瀧澤、珍しくジョッキを高らかに伸永に向けて。

内海、
「そうだ~~、かんぱ~~い。」

朋代、
「なになに、瀧澤部長、やたらと上機嫌。」
隣の葉月に…。

葉月、
「そりゃ、そうでしょ~~。ある意味、他力本願で勝ち取ったって感じなんだから~~。」

木綿子、
「うんうんうん。だよね~~。まっ、仕掛けたのは尾田ちゃんだけど…、共感してくれた人が…物凄いもん。次から、次へと。だったもんね~~尾田ちゃん。」

伸永、
「あ~~、はい。そうでしたね~~。」

「あは。私も気持ちいい~~。あんなにドキドキして、胃が痛くなるほどだったのに。」
奈都美。

木綿子、
「へっ…???」

葉月、
「うそ…。あっ。や~~っぱり~~。」

「だ~~って、課長から、ふたりで頑張れ。な~~んて言われて。もぅ~~、目の前、真っ暗。」
奈都美。

内海、
「かっかかかか。まっ、確かに。でも…それも…お馨さんからの…おまえに対しての、ライオンは、子供を崖から落とす。」

瀧澤、
「な~~に言ってんだか~~。」

奈都美、不貞腐れて、
「落とさんでいいって…。」

康、
「でも…まっ、それだけナッちゃん、部長から愛されているってことだよ。」

内海、いきなり、
「…って、ま~~た、お前は美味しいとこ、持ってくぅ~~。なんだよ。」
康に右手でグィグィと。

「はぃはぃ、ダイちゃんの勝ち~~。かかかか。」
瀧澤。

「へぇ~~。やっと着いた~~。」
「みんな、いるね~~。」

入ってきたのが勇喜雄と靖子である。

瀧澤、内海、
「お疲れ~~。」
「おぅ。」

「あれ…???加瀬優里亜…一緒じゃ…なかったんだ…???」
勇気雄。

靖子も、
「うんうんうん。私もそこで、見掛けたけど…。気づかなかったらしく、交差点、渡って行っちゃった。」

「珍しいな、あいつが…ここ…???…って、思ったくらい…。」
勇喜雄。

木綿子、
「へっ…???加瀬…優里亜…???」

奈都美も葉月も、
「へっ…???」

朋代、
「ん~~???」

そして3人で、
「なんで…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋