3月のロックダウンから、人々の買い物の仕方が配送に代わった。
その為、うちの村に配送に来るドライバーさんも、今まで見た事がない人に代わって来た。
それまでは、一応制服らしいようなものを着ていた人もいたが、3月に入ってからは私服と私車で配送に来る方が圧倒的に多い。

そんな中、3月から頻繁にうちに荷物を届けてくれる男性がいる。
髪はピンクの日もあればオレンジ色の日もある。
顔からはみ出る大きな紫色のサングラスをかけており、服装は80年代風の派手派手ラメで、最近はスリムジーンズにレッグウォーマーの時もある。
あれで頭に細いバンダナを巻いたら、まさにあの時代のジャニーズみたいな感じである。
初めてうちに来た時、「そこに置いときま~す!」と言い、クネっとしながら車に戻って行った。
2秒ほど意味が分からず彼を見つめ、玄関先の床を見て、ああ・・荷物か・・と分かった。

もうすっかり顔見知りになったので、ちょっと話すようになった。
彼はベトナムから来ているらしい。
コロナが終息したら、もう配達の需要が無くなり彼は辞めてしまうのだろうか・・
先日、彼が斬新なレッグウォーマーの履き方をしていたので、今日は私もそれで子供を学校に送ってみた。
めちゃめちゃ影響受けてるやん、私・・
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記