ask_20200829001526ad3_20201010235155b9e_202011131604581df_20201123114423d04.jpg

質問をいただいていますので、回答したいと思います。
今回は投資関連の質問が多くありました。

質問をされた方に1点お願いがありまして。
回答への感想、反論、質問など何か反応をいただけると嬉しいので、できればお願いします。

11月15日 名無し 様

投信が結構プラスになってます。
毎月5本に5.5万円積み立ててます。
高くなれば少ししか購入出来ないので、12日に積み立て中止にしました。
また安くなったら積み立て再開します。
このやり方間違いでしょうか?
キムさんはどう思われるか教えて下さい。

(元記事) 小林麻耶さん騒動からの教訓

高い安いの基準を事前に決めているのであれば△~○、決めてないのであれば☓だと思います。

今の株価が安いか、高いかは後になってみないと分からず、この時点で判断することは容易ではありません。
それができるなら、誰でも億万長者になれます。

確かに今株価は上がっていますが、もっと上がれば安いので買っておけば良かったと言うことになるし、下がれば高いので買わなければ良かった、売っておけば良かったとなります。
あくまでも結果論です。

さらに、その時の感情、思いつきで判断して、高い時に買い、安い時に売ってしまう失敗を多くの人がやらかしています。

毎月の定額積立のメリットは、感情で失敗しがちな投資を、粛々とできる点にあると思います。

事前に、何パーセント上昇したら一時中断すると決めていた上での決定なら、いいかもしれません(△~○)
しかし、上がってきたから高そうだと判断して、積立を中止するのは賛成できません(☓)。

11月17日 もんこん 様

THEOを始めたのですが。どう思いますか?
投資は初めてです。

(元記事) 歯の定期検診を受診 今度は知覚過敏!?

THEOについて、簡単に調べてみました。
手数料は、預かり資産額の0.65%~1.0%。
これでプロとAIにおまかせして、資産運用をしてくれるそうです。

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)とかでよくない?と思ってしまいますね。

このファンドの手数料は、0.15%。
TEHOに比べて0.5%安くて、100万円なら年5千円、1,000万円なら年5万円の差になります。

じゃあ、プロやAIがその差の分の価値があるか?問われると、僕は答えに窮します。
合理的な説明はできません。

だったら、確実なマイナス要因である手数料が安いほうがいいという答えになります。

11月22日 ひと 様

金村さんの日用品の支出がいつも少ないので、日用品の節約について教えて頂ければと思います。

(元記事)  仕事がなくて生活できないはフェイクニュース

今年10月までの日用品の累計は、約9万円。
高級ソファー6.2万円、TV一式1.3万円(ポイント使ったりして)が大部分で、他は洗剤とかサランラップとか、ちょっとした物を買うぐらいです。
たまに家具・家電を買い換えるみたいな。

支出が少ないか、多いかは分かりませんが、基本コンセプトは以下のブログ記事ですね。

買ってよかったモノ記事はガン無視することにしている

スマホみたいに、買わなきゃ損ぐらいの超便利アイテムなら、勝手に情報は入ってくる。
現状に不満がないんやったら、わざわざ自分からお金を使うために行動しなくてもいい。

日用品に関しては、鈍感である姿勢を貫いています。

11月22日 ちば 様

キムさんの投資のやり方をかなり参考にさせて頂いてます。
特に、感情に流されずにルールに基づいて粛々と投資するというのが気に入ってます。
コロナショックの時も投げ売りせずに済みました。
キムさんはコロナショックのときも「そのうち上がる」と思えましたか?
全体相場がかなり下がると精神的にきついです。

(元記事) 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」に投票しました

「そのうち上がる」と言うよりは、何も感じなかった=無と言うのが近いかもしれません。

下げ幅は想定内でしたし、リスク資産の売却は20年以上先。
セミリタイア後は、新規の積立もしていません。
何か感じるほうが無理があると言うか。

「投資は余裕資金で」と言われますが、余裕資金とは、株価が増減しても短期的な感情・行動に影響を及ぼさない範囲のお金と解釈しています。
それを前提に、投資に回すお金やポートフォリオを決めてきました。

ただ、リーマンショック未経験だったので、いまいち自信は持てていませんでした。
今回、一時的にはかなり暴落しましたが、案の定無だったので、少し自信にはなりました。

■金村圭介セレクション動画

久々にいい動画が見つかったので、皆様と共有したいと思います。
オフィスラブのシーンがあって、僕もオフィスワークを始めるので、これは憧れますね!

https://video.fc2.com/a/content/202011234V3RkGcZ
Source: Time is money  キムのお金日記