ついに、開札期日・・・。裁判所に問い合わせたら、落札されていたことを聞かされました。

相手は個人ではなく法人でした。会社の詳細は聞いていませんが、無事に持ち家が売ることができそうな流れです。

持ち家が売れたことがよかった

破産開始になって破産管財人が選任された通知がきました。また、競売開始の通知も裁判所から届きました。破産開始になって、ああ・・・。みたいな感じでした。破産管財人との面談日が決まって、ああ・・・。みたいな感じでした。競売開始になって、ああ・・・。みた…
破産開始、破産管財人との面談、競売開始が決定した直後の心境 – 1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した…

 

自己破産が終わって、持ち家が売れ残ったまま、専属の弁護士は解任になり、一人で何もかも対応しないといけない状態となりました。

 

とても心細いですが、ようやく開札期日が来て、持ち家が売れたことを知った時、ちょっとした解放感を感じました。

 

やっと・・・、持ち家が売れた・・・。法人相手なので、滞納しているマンション管理費、買取してくれるかどうか・・・が、課題になりますが、おそらく、滞納しているマンション管理費も買取してくれるはず・・・。

 

だと信じたいです。

 

自力で返済していかないといけないのは、100万円以上の税金の滞納分です。

 

働けるようになったら、コツコツと返済していかないといけなくなります。

 

滞納している税金は、今のところは、横に置いておいて、まずは、持ち家が売れたことがよかったです。

残りの余生は賃貸物件を転々としながら生きていきたい

地方裁判所から特別送達が郵便物で届きました。郵便局の方から印鑑ではなく、フルネームでサインしてほしいと言われて、フルネームを書いて特別送達を受け取りました。早速、弁護士事務所に電話をして担当の弁護士に地方裁判所から特別送達が郵便物で届いた事を伝え…
地方裁判所から特別送達が郵便物で届いた。借金、競売の内容だった – 1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した…

 

あとは、法人の方とお会いして滞納しているマンション管理費の交渉になるかもしれませんが、買取してもらえるように、自己破産の免責のコピー用紙を提出して、きちんと買取してもらうように交渉してみようと思います。

 

任意売却で持ち家は売れませんでしたが、とりあえず、競売で持ち家が売れて本当によかったです。

 

あとは、売却決定日に裁判所に行くかどうなるかわかりませんが、売却決定日の後の確定日を最後に持ち家が売れていくのだろうと思います。

 

もう、二度と持ち家は持ちたくありません。

 

今回の出来事でもうコリゴリです。

 

残りの余生は賃貸物件を転々としながら生きていきたいと思います。

競売で持ち家が売れた!!!はブログ、1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した体験談ブログに掲載された記事です。

Source: 1000万円以上滞納したうつ病の一人暮らし自己破産した僕の借金体験談