ドキドキ 株式会社デランナ食品部門第2事業部リーダー、園枝真香、
企画書を目の前に、
「企画書、拝見させて頂きました。」

隣に座っている荻聡をチラリと見て。

荻、
「この…企画書…なんですが…。」
殆ど表情を変えずに…。

それとは逆に真香、にっこりと、
「気に入りました。」

荻、
「…ですが、承認の方は、今しばらく、お待ち…頂けますか…。」
口を尖らせながら。

その声に真香が、首を傾げて、
「部長…???」

荻、
「全体的に、良く出来ています。商品として、申し分ない企画書です。」

奈都美、多少なりとも疑心暗鬼の顔で、
「はぁ…。ありがとうございます。…でも、でしたら…。」

「誠に、こちらの都合で申し訳ないのですが、当初の計画に、付け加えるという内容がございまして。」

奈都美、
「はい…???」

伸永は口を尖らせて。

真香、
「えっ…???部長…、私…、その話…聞いてないんですが…。」

その声に荻、
「当然、聞いている訳ないだろ。私だって今朝、聞いたんだから…。」

真香、小さく、
「えっ…???」

「実は、今回の企画に関して、クック・ル・ポットさんの他に、もう1社、加わることになったんです。」

奈都美、その話に、
「は…あ…???」
伸永の顔を見て、
「もう…1社って…???…あの…。」

荻、
「大変申し訳ないんですが、今日の午後には、その1社からの企画書が届くことになっています。その…企画と、比較した上で、検討させて頂きたいと。」

奈都美、
「えっ…???えっ…???」

伸永、
「…と、言う事は…、事実上…。」

真香も一緒に、
「コンペ…???」

荻、
「まぁ…、そう…なる…訳ですか…。」

「聞いてませんけど…私…。…でも、商品作るのは…私たちなんですけど…。」
少し興奮気味の真香。

奈都美、
「…と、言う事は…、私ども…、クック・ル・ポットの商品企画開発部、瀧澤と内海の方には…???」

「いえ…、まだ、ご連絡の方は…。なにせ、急な話しで、確認事項やら…なんやで…。」

奈都美、
「そ…、そんな…。」

「ひとつだけ言える事は、その1社の企画も加えなければ、この企画自体が、立ち消え…という事で…。」

伸永、
「…その、1社って…。教えていただく訳には…???」

「大変申し訳ありませんが、私どもも、次の仕事が控えてますので、これで…。午後に、ご連絡させて頂きます。」
素早く席を立ちふたりに一礼をする荻。

真香、
「部長~~。ちょっと…、待ってください。」
荻の背中に向かって。
「その1社って…、もしかして…常務の…???」

荻、
「君は知らなくともいい話しだ。とにかく、こちらの権限。」
そして、
「それでは…失礼。」
真香に、後ろ姿のままで、
「園枝君、君も仕事があるのではないかね。」
そしてドアを開けて出て行く荻。

呆気に捉われている奈都美と伸永。

真香、
「…ったくもぅ~~。」
腕組みして…。椅子に座り直して脚を組んで、
「ごめんなさいね~~。」
ふたりに向かって。

奈都美、
「あ…、あのぉ~~。園枝…さん…???」

 

そんな奈都美に真香、
「あっ。七瀬さん…。そして…。」
テーブルの上の…、
「尾田…伸永さん…???…凄いね、この名前…。」
そして、クスリと笑って、
「尾田…さん…も…、傾奇者…???」

その声に奈都美、
「ぷっ。」

伸永、いきなり般若のような顔で…。

真香、
「くくくく…。…な訳…ないよね…。…あっ。ごめんなさい。失礼な事…。」
そして、後ろで束ねていた髪を解いて、再び束ね直して、企画書を見て、
「多分…、フランク・アポン。」

奈都美、伸永、
「フランク・アポン…???」

「ふん。そこにウチの常務のボンボン。そしてこの8月に課長に就任。…で、初めて任された企画…らしい…。まっ、荻は、元々、常務派だからね~~。」

奈都美、伸永、
「常務の…ボンボン…。」
顔を見合わせて…。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

 

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋