ドキドキ 奈都美、その企画書を見て、
「あ、あ~~~。」

内海、
「ふん。」
頷いて。

瀧澤、
「前の企画書より、そっちの…伸永が今まで作っていたのを比べると~~。伸永の方が、説得力がある。それに、分かりやすく、不特定多数に好かれやすい。」

その、瀧澤の声に康、勇喜雄、靖子、木綿子に葉月。
「ん~~???」
「ほっほっほ~~。」
「へぇ~~。」
「いやいやいや。」
「なんと。」

奈都美、
「尾…田…君。」

伸永、
「部長、課長。」

内海、腕組みをしながら、
「かっかかかか。大した記憶力だ。しかも、その記憶力に、何か、人を惹きつけるエッセンスも含まれているし。…ねぇ~~、部長。」

にっこりと瀧澤、
「自信、持って、いいんじゃない。」
そして頭を傾げて、
「ふん。はい、ミィーティング、始めるよ~~。」

スタッフ一同、
「はい。」

勇喜雄、
「しっかし…まぁ…。恐れ入りやした~~。」

そんな勇喜雄の肩を康、トントンと叩き。

勇喜雄、右手甲を目に、
「ひぃ~~。この時間…なんだったんだ。」

そんな勇喜雄に靖子、勇喜雄の背中をバン。
「…ったく~~。思ってもいない事を~~。あまのじゃくなんだから~~。」

その瞬間、勇喜雄、舌をペロリとにっこり。

木綿子、
「凄~~。」

葉月、
「や~~り~~。」

そして…。

内海、
「七瀬~~。翔に一報、入れとけよ~~。なんにせよ、心配してるだろう~~。」

奈都美、
「は~~い。」

そして30分後。奈都美、スマホを耳に、
「もしもし~~。お疲れ~~。」

スマホの向こう、
「おぅ~~。こっちも今…移動中~~。」
翔。
「…で、どうなった~~???」

鞄を持って奈都美、伸永に、「行くよ。」のゼスチャー。
「お陰様で、何とか…完成しました~~。」
振り向いて、瀧澤と内海に、「行ってきます」の一礼。

瀧澤、頭を傾けてにっこりと。
内海、こめかみに、敬礼をして前に伸ばす。

奈都美、スマホに、
「な~~に言ってんのよ~~。送ってくれたショーとカット。じゃなくって、尾田君が記憶辿って作った企画書で、行って参ります。」

その声にスマホの向こう、
「は~~あ…???」

奈都美、
「は~~あ…???…じゃないわよ~~。」

その声に木綿子、葉月、
「ぷっ。」
「聞こえたよ~~。」

ドアの前で奈都美、振り返って、舌をペロリ。

靖子、
「ふん。行っといで~~。」

伸永、奈都美の後ろを、
「行ってきま~~す。」

歩道を歩きながら翔、
「なになに…、んじゃ、尾田君が…記憶辿ったのが…部長と課長に~~???」

廊下を歩きながら奈都美、
「ふん。」

「一週間も掛かった企画書だぞ。そんな数時間で…。」

「それが~~。出来ちゃったんだから、仕方ないわよ。しかも、それが、部長と課長に採用されたんだから~~。」
隣を歩く伸永を見て奈都美。

唇を尖らせて、目をキョトンとさせながらの伸永。

スマホの向こうで、
「尾田君、あいつ、どんな頭…してんだ~???」

「な~~訳で、これから行ってくる~~。」
「あぁ~~。」

「あっ、ねぇねぇ翔~~。韮崎さん、奥様、キスされなかった~~???」

その声に隣の伸永、何かしら疑惑の顔を…。

その声に翔、
「かっかかかか。ないない。ないない。今回、意外と、タンパクだったぞ。」
「へぇ~~。」

「…んじゃ、とにかく…デランナ、お疲れ~~。」

奈都美、
「あ~~。そっちも…よろしく~~。」

「おぅ。」

株式会社デランナ食品部門第2事業部部長、荻聡(おぎさとし)。
そしてもうひとりが、作業服の食品部門第2事業部リーダー、園枝真香(そのえまどか)。

この荻聡という人物が、奈都美たちスタッフにとっては、
余りにも神経質で過敏な性格の持ち主。

緊張の面持ちの奈都美。そして伸永。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋