ドキドキ その奈都美の声にメンバー、
「!!!!」

内海、
「どした~~???」

奈都美、唖然として。ガックリと。スマホを持った左手と、そして右手をダラリと。

スマホから小さく、
「おぃ。どした~~???」

スマホを左耳に奈都美、
「もぅ~~~。何やってんのよ。バカッ!!!!」

その、「バカッ!!!」の声に通話の相手の翔。
「痛って~~~。」

そして通話が切れる。

瀧澤、
「どうしたの~~???」

内海、
「七瀬……。」

奈都美、
「もぅ…やだ~~。」
泣きたくなるような顔。

スタッフ、奈都美の顔を見て、
「???」

奈都美、下唇をビロ~~ンと。
「企画書…、翔が持ってる~~~。」

スタッフ一同、
「え~~~~???」

その時、伸永、
「わっ!!!!」

「お~~。びっくりした~~。」
傍にいた康、葉月、靖子、勇喜雄。

「尾田ちゃん、どした~~???」
勇喜雄。

伸永、
「思い出した!!!…あ~~。あの時だ~~。」

「へっ…???」
葉月。

「翔さん、大阪に行く前に資料数冊、渡したんです。…多分、その中に、企画書も交じって…。」

葉月、
「わっちゃ~~~。」

再び奈都美のスマホに着メロ。奈都美、
「はいはい。もしも~~し。私~~。」

スマホの向こう、
「…なんで、俺のバッグの中に、デランナの企画書…入ってんの…???」

その声に奈都美、歯を食いしばったような口調で、
「私が…知る訳、ないでしょ!!!そのせいで…、こっちはもぅ~~。朝から、てんやわんや。」

翔、
「いやいやいや。確か、ナツたち、デランナ、今日だったよな~~って…。企画書なくって大丈夫なのかって。」

その翔に奈都美、思いっきり、
「大丈夫な訳ないでしょっ!!!」

「だよな~~。」

奈都美、
「しかも、今頃、バッグの中にあるって、気が付く~???」

「いやいや。だ~~って、俺だって、まさか…。一応、万が一のために必要な書類…。これは…今回、、必要ないかって…、思ったら、中にデランナの企画書が混じってるから。うそ~~って…。」

奈都美、ため息を突いて、
「はぁ…。」

翔、
「それにさ。なんで俺のパソコンにも、その企画書のショートカット、入ってんのさ…???」

奈都美、
「へっ…???うそっ、ショートカットまで。それって…企画書の…。」

「うん。そうだけど…。」

奈都美いきなり、
「翔、すぐそれ、こっち送って。時間ない。こっちでそれ、仕上げちゃうから。」
奈都美、内海を見て。

内海、頷いて、
「てぇ~~事は、悪い、ミィーティング後回しだ。まずはそれ…片づけちゃえ。」

勇喜雄、
「おっしゃ。デランナ…。何とも、ナーバスだからね~~。」

慌ただしく作業を始めるスタッフたち。

伸永、
「あっ。…と、なると…。僕も…。」

その伸永に瀧澤、
「あ~~。伸永~~。あなたは…そのまま続けて。後…少しでしょ。」

その声に伸永、
「えぇ…。あと…数ページで…。」

「そっちも…そのまま、完成させて…。」

奈都美、
「部長…。」

内海、
「おしおし。蔵之介~~。」

康、
「はい。じゃ、みんな。」

そして1時間後。

伸永、
「ふ~~、出来た~~。」

奈都美、
「こっちも…OKよ。…ったく~~。まさか…翔が持ってるなんて。」

瀧澤、
「ナッちゃん、伸永、見せてくれる…???」

奈都美、
「あっ、はい。」

翔から送られてきた企画書と、伸永が頭の中に入っていた記憶を辿ったものを…瀧澤、
「ふ~~ん。な~~るほどね~~。」
そして、
「庸ちゃん、内海課長、これ…目、通して…。」

内海、
「はいはい。」

そして、数秒後、ページを繰りながらも、
「うん…???…これ…は…???…お馨さん。部長…。」

瀧澤、そんな内海にニッコリと、
「ふん。伸永、私なら、そっちを採用する。」
伸永が作った企画書を指差して。

奈都美、
「へっ…???」

伸永も、
「えっ…???あれ…???」

奈都美、
「なんで…???」

内海、
「良~~く見てみろ~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋