ドキドキ 「ふふ。それに…ほら…。何て言うの…、良い匂い…してるじゃないの~~。え~~、ナッちゃ~~ん。」
柴咲。

そんな柴咲の声に奈都美、
「へっ…???」

「へぇ~~。尾田ちゃんが…かわいいってねぇ~~。」
剛輔。

奈都美、酎ハイを飲みながら、
「うん。」

「ナッちゃんたちと一緒に仕事している人だから、そんな風に…、敢えて…思わなかったけど…。」
美玖。

「かわ…いい…かぁ…。ふんふんふん。」
奈都美の隣で、こちらも酎ハイを飲んでいる朋代。
そして、
「ふん。かもね~~。」

奈都美、
「はっ…???」

「ふん。かわいい…かも…。」
そして、
「にっ。」
奈都美にVサイン。

奈都美、
「はい…???…なになに、なになにトモさん、そのVサイン。」

朋代、
「尾田ちゃんさ。あぁ見えて~~。なんとも…不思議な男って、感じ~~。物すんごい、ナイーブでしょう。」

「うん。」
「それに…どっちかって言うと…、絶対に人の前には現れないって…。」

「うんうん。」

「そん~~な、タイプだよね~~。」
口を一文字に笑顔で朋代。

奈都美、そんな朋代を見て、
「トモさん…、一体…何が言いたいのよ。」

その奈都美の声に剛輔、
「つまりは。都…、つまりはだ。」

奈都美、
「つまりは…???」

剛輔、
「なんの事ぁない。面白い男かも…って、事だよ。なっ、トモさん。」

美玖も、笑顔で頭を傾げて。

朋代、にっこりと、
「剛ちゃん、グッジョブ。」

奈都美、
「は・あ…???」

「その内、分かってくるんじゃな~~い~~。」

奈都美、ぷ~たれた顔で、
「どういう意味よ~~。全然分かんな~~い。」

剛輔、笑いながら、
「かかかか。だから都~~。その内分かってくるってよ~~。」

奈都美、朋代の肩に手を。そして肩を揺すりながら、
「何がその内、分かってくるよ~~。トモさ~~ん。」

朋代、
「いやいやいや。だ~~って、今の七瀬には、し~~っかりと、翔という彼氏、いるんだも~~ん。」

奈都美、
「……。」

「そんなふたりの邪魔は…私だって、出来ないじゃ~~ん。」
「はい…???邪魔…???」

朋代、
「ん~~。まぁ~~。何と言うか~~言葉の例え…。うん。言葉の例え…。」
そして朋代、
「ねぇ、七瀬~~。」

奈都美、グラスの端を口に付けて、ゆっくりと酎ハイを口の中に、
「ん~~。」

「この前私、言ったよね、電話で…。」

グラスの中の液体を見て、朋代に顔を向けて、
「へっ…???」

「加瀬優里亜には気を付けろって…。」

その声に奈都美、朋代に顔を向けたままで、目をキョロキョロと。

そんな奈都美と朋代を見て剛輔、
「ん~~~???」

「まっ。それは、それとして…。へぇ~~。そのスーパーの店長、尾田ちゃん、良い匂い、するってね~~。」

いきなり奈都美、
「そうそうそう。凄いよ。」
朋代の肩を右手でトントンと叩いて。

剛輔、
「ん~~???…尾田ちゃん、いい匂い…すんの…???」

奈都美、
「う…ん…。」

「う…ん…。…なんじゃそりゃ。」
「いやいやいや。だって、だって。最初、会社の廊下、尾田君と歩いてたのね。あっ、そうそう。トモさんのとこに、初めて連れてった時~~。」

朋代、
「あ~~。はいはい。」

「その時、私…、初めて…。尾田君からの…匂い。」

剛輔、
「ふ~~ん。」
そして美玖を見て。

美玖、剛輔を見て、首を傾げて…。

朋代も、首を傾げて、
「ふん。」

そして奈都美、
「なんだ…けど~~。」
ぶすりとした顔で、
「他の人は…匂わないって…。」

剛輔、困ったような顔をして、
「は…あ…???」

朋代、
「な~~んだって。」

剛輔、
「おやおや。」

「翔なんて、一番…近く…。隣にいてもよ、全然って…。」
首を振りながら。
「カンちゃんも、ユッコも…、ヤッさんも、部長まで…。」

その声に朋代、
「ぷっ。」

剛輔、下唇をビロンと。

美玖、絞った唇をいきなり開いて、
「ポン。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋