月曜から学校が始まり、夫の仕事も早速多忙。
帰宅は息子が寝てからになる。
毎週月曜、義母は息子(私の夫)に1週間分の食料の買い出しに行かせるのであるが、夫は帰宅してからシャワーを浴び、夕食を食べてからスーパーに出かけるので夜9時半ごろに出掛ける。
夜10時半まで開いているスーパーに駆け込み、食料を義母に届けるのが毎週月曜日のルーティーンである。

私はこれを夫に対して気の毒だと思い、以前「休みの日に私が行くわ」と申し出たが、義母が私には行ってほしくない感じの返事をしたらしく、夫がそのまま行っている。

昨日は洪水警報が各地に出ていたカーライル。
私はもしも道が冠水したら・・と思い、義母に「今からスーパーに行きますけど、ここ2.3日で要るものがあったら買って持って行きますけど」と申し出た。
しかしながら義母は「あなたのように大食いではないから何も要らない」と言った。
もう何度芽生えた殺意であろう・・ババアに優しくする私がアホである。

その夜、夫が帰宅。
帰る途中の道がかなり水に浸かっていて大変やったと夫は言った。
しかしながら義母はその日の昼間に夫に電話し「パンと牛乳が無いから今日中に持って来い」と言っていたらしいが、この大雨の中買いに行くのはリスクがあるので、夫は「明日にしてくれ」と断った。
また、夫から「ごめん、明日子供を学校に送って行ったあと、申し訳ないねんけど学校の横のコンビニで牛乳とパンだけ買っておかんとこ持って行ってくれへん?どうせ朝9時は寝てるやろうから、玄関に置いて帰ってくれてええから」と頼まれた。

私は夫に「どうせスーパー行くから義母さんの欲しい物言うてくれたら買って行くけど・・多分、私が行ったら嫌がる思うけど・・」と申し出た。
夫が義母に電話すると、案の定「あの子に買って来てほしいのはパンと牛乳だけ。他の物はまだリストを作ってないので分からない」と言った。
夫は電話を切った後「息子の俺に会いたいだけやろ・・めんどくさ・・」と言った。

木曜日から再びロックダウンである。
この時期、誰かが代わりにスーパーに行ってくれるだけでも有難い環境にあると思え!ババア!と思っている私と、毎日何とか理由を付けて息子に会いたい母親との戦いであるも、結局コメントに皆様が書かれているように、嫁という存在は可愛い息子を取った憎き存在だという事を今回しみじみ感じている私である。
嫁の顔など見たくないのである。
見たいのは息子の顔だった。
コメントは正しかったと思いながら、もう二度と義母の為に何かを申し出てやらないと心に決めるのである。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記