ドキドキ その後、葉月と伸永は峯川運送を訪れ、謝罪。
商品を取り扱って事故に巻き込まれた事に対して、深く詫びを入れた。
けれども、運転中どんな状態、状況下であろうと、預かった商品を守れなかった事に、
逆に謝罪されたのであった。

運送会社の社長からは、
「逆に、こっちの方が先に、御社に出向かわなければならないのに、誠に申し訳ない。車両やドライバーの事で、なんだかんだで…。この通り。」

専務らしき男性と、事務の女性の3人、ふたりに深く頭を下げて。
葉月も伸永も、その3人の謝罪に、困ってしまったほどだった。

帰路、タクシーに乗って伸永、
「あんなに…頭下げられるって、思わなかった。」

葉月、
「うん。…だよね~~。はは、うちら、いい仕事してる~~。」

伸永、
「ですよね~~。」

「ふふ。部長~いるもん。」
「瀧…澤…部長…???」

「ふん。そう。あの人は凄い。切れるし、仕事は出来るし。そして美人だし、身長高いし。優しい。」

「うんうん。」
伸永。

葉月、
「しかも、しかもよ~~。合気道、二段。」

その声に伸永、
「へっ!!!」

「うんうんうん。なんたって、強いんだから~~。」
「道理で~~。」

葉月、
「は…ぁ…???」

「いやいや。内海課長も…、な~~んか…、凄そうな感じなのに、瀧澤部長には、一目置いているって…感じで…。」

葉月、その声に、
「は…ぁ…???」
そして、いきなり、
「ぷっ。かかか。だ~~ね~~。かっかかかか。まっ。課長は元々、部長から育てられたって~~方だから。あんな風に、部署ではデ~~ンと、構えてるけどさぁ~~。でも、それを部長も部長で、勝手にやれ。方式。但し、道理に合わない事は…絶対にするな。」

伸永、
「……。」

「だから、結構私たちも、私たち流のやり方でやるじゃん。そして、それが出来る。」

「えぇ……。」

「課長が、課長だから…。しかも、バックには部長。」
腕組みしながら葉月、
「なんでか…分かんないけど…。でも…なんでか…ぶれない。」

伸永、
「ふ~~ん。」

「尾田ちゃん、早く彼女作れ。」
「はあ~~???」

「かかかか。だ~~って、うちの部署で、シングルなの、尾田ちゃんだけだよ~~。」

その声に伸永、目をキョロキョロとさせながら、
「あっ。あ~~。そっか。」

葉月、そんな伸永を見て、
「あ~~~。今…なんか…考えた~~。」

「あっ。いえいえ。」
葉月を見ながら、
「全然。」

「ナツ、頭に浮かんだんでしょう~~。かかかか。翔がいるって~~。」

咄嗟に伸永、
「わ…、分かってますよ~~。」
いきなり慌てて。

葉月、
「かっかかかか。」
そして一息突いて、
「ふ~~。だよね~~。尾田ちゃん…彼女…、誰かいないか…???」
腕組みして。

そんな葉月に伸永、
「神田さ~~ん。」

「かかかか。冗談、冗談。…って…。」
いきなり伸永の右腕を右手でパン。
「いいじゃんよ、彼女くらい~~。……それ~~。その神田さんは止めて。ユッコも言ってるけど、私はカンちゃんでいいし、ユッコも、菱川さんじゃなくって、ユッコで良いって。なんだか苗字で言われると、感じ狂う。…まぁ~~。課長からは…神田って言われてるけど。ナツも~~。七瀬って…。不思議に…ユッコだけは、ユッコなんだよね~~菱川じゃなくって~~。」

伸永、顔を顰めて、
「ん~~~。」

「練習しろ~~。」
「練習…って…。」

テーブルの上に資料を、そしてスマホで調べながら奈都美。
左手でカップを…。一口飲んで…。

「おっ、お疲れ~~。」
翔。

そんな翔を見て奈都美、
「はい、お疲れ~~。」

「今日は、大変だったな~~。」
「ふん。まっさかね~~。高速道路で事故なんて。」

ウェイトレスが、
「いらっしゃいませ。」

翔、
「紅茶…飲んでる…???」

奈都美、
「ふん。」

「んじゃ俺は…。」

奈都美、ウェイトレスに、
「生、2つ~~。」

ウェイトレス、
「はい。畏まりました。」

翔、
「ふん。…に、なるか…。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋