鬼滅の刃見て来ました。。。w

こんにちは。

先日募集した次回の狼セミナーですが、
いきなりの募集だったので出遅れ組が続出した模様です。

そう思って今回はいつもより長めに募集を続けてたのですがそれでも出遅れるということは、、あれですね、、、
最近書かない日が多いから読まなくなったってことでしょう。。。(えぇ、、今回は日曜の午前中くらいまでは締め切らなかったですよw)

ただあまりに不意打ち的募集でしたので今回はそんな出遅れ組の方のために再度募集告知を出します。。

お申し込みはこちらから

とは言え、枠もほとんど残っていないので今度お申込みに間に合わなかった人はホントにあきらめてください。

それともう一つ、
先日お申込みくれた方で数人、メルアド間違いの人がいるようです。(昨日メールしたら3人ほどエラーメールで戻ってきました)

お心当たりの方がいましたら今回の受付でメルアド間違いしないようにお申込みください。
※前は電話してメアド間違いを訂正していただきましたが受付作業が膨大なのでそこまで対応できません

そんなセミナーですがお申込みいただいた方のご意見で一番多かったのが「騙し」についてでした。
とくにひよこ系大家さんはまだ南極のペンギンみたいに人を見てもあまり泥棒と思わないようで結構嵌め込まれてるかその寸前で気が付いたという人が多いようです。(そんな事例を今回たくさんいただきました)

そんなわけで今回はいわゆる「キラキラ系」の方を細かく分類しそれぞれの特徴と注意点なんて話も織り込む予定でございます。。(ってかそんなくだらないネタ繰り出して大丈夫なのか、、、とw)

さて、話は変わりますが、一昨日は宅建試験でした。
このブログの読者の方でも受験したという方もいるんじゃないかと思いますが、なんだか今年は例年より平均点が高そうでボーダーもやや高そうですね。。(一説では39点±1なんて話もありますが狼予想ではせいぜい37点ってとこでしょう。。)

この近年の高得点化ですが、
どうも業者ではない人が真剣に勉強してしまい軒並み40点越えでの合格を目指しているのが原因じゃないかと思います。

年に一度の試験で「あと1点届かず」で涙を飲んで「また翌年受験」では精神的にもきつく(宅建試験は真面目に合格しようと思うと半年以上は青春がなくなりますからw)それを見越して40点以上の自己採点で合格発表を左うちわで待ちたいという人が多いんでしょうねー。。(ちなみにワタクシの受験したときはボーダー予想が34点±1で、当時ワタクシは5点免除士でしたので余裕の39点で合格発表までの針のムシロは回避できましたw)

ということで今回の試験で自己採点37点の方、、
例年であれば楽勝で合格ってとこですがこのあたりの点数でも今年は針のムシロですので今から一か月半、、胃がキリキリする思いでお待ちくださいwww(えぇ、、あなたは神の審判を待つ身でございますww)

あと今回はコロナの影響で12月に受験する人もいると聞いておりますが(追加試験が12月27日に予定されてます)このブログ見てる人でどのくらいいらっしゃるんでしょうか?(大半の人が10月受験と聞いてるのでよくわかりません)

当然ですが出題内容も違うと思いますが10月の試験と傾向は似ているんじゃないかと思いますので10月の出題傾向を調べて少しでもお役立てください。

ちなみにワタクシも例年通り今年も試験問題解いてみましたが、、、、

例年通り17点でございました。。(ってか全然わかんなかったぞww)

そう考えるとやっぱり宅建の勉強って不動産の実社会ではほとんど役に立ってないんでしょうねー。。。(宅建に出た問題がワタクシの仲介ライフで登場するシーンはほとんどないしw)


不動産業界で汚れれば汚れるほど合格率が下がるもんなんじゃんw
Source: 狼旅団の地下に潜った不動産ブログ(開店準備中