kenkoushindan1_man_bad.png

先日受けた人間ドックの結果が帰ってきました。
2~3週間後のはずが、2週間も経ってないうちに通知が来たので、不吉な予感がします。

結果は、要精密検査となってしまいました><

まあこれは分かっていたことです。

B型肝炎を持っています。
親から聞いている話では、母親が元医療従事者で昔は色々ずさんだったため、仕事の中で感染。
母親は急性で今は治っているのですが、母子感染で僕がかかってしまい、持続感染しているとのことです。

自覚症状はなく、実家にいた高3の時までは年に1回検査での経過観察のみ。
ただ病気のことを聞かされておらず、大学進学で1人暮らしを始めてからは、何もしていませんでした。

社会人1年目の2008年に、たまたま献血をしたら、B型肝炎であることが判明。
ビックリして病院で検査。
と共に、親に相談したら「実は・・・」と言うことで聞かされました。

当時の検査結果では、ウイルス量の少ない状態で安定していると言われた記憶。
調べると、B型感染保持者の内、80~90%は何もなく一生安定、残り10~20%が慢性肝炎が持続して、一部が肝硬変、肝がんになる。
2008年検査時点では、80~90%の安定状態だったようです。

前回検査では今後の通院・検査等を言われなかったこと、特に生活に不自由がない、忘れてしまいたい気持ちもあり、その後放置していました。
しかし、安定状態から慢性肝炎に以降する可能性もあります。

今回人間ドックを受けたのは、B型肝炎の現状把握と今後の治療方針相談のためでもあります。
早速、精密検査の予約を入れたので、しっかり相談して来ようと思います。

その他の検査結果は、以下となりました。

■異常なし

血液一般
肝機能
糖代謝
炎症(リウマチ等)
腫瘍マーカー(がん)
眼圧
聴力
尿検査
心電図
胸部X線
ペプシノゲン判定(胃炎・胃がん)
ピロリ菌
大腸検査(検便)

3年前の健康診断時は、多血症、肝機能でも数値オーバーしていましたが、今回は正常値でした。
各種がん検査では、何もなく安心。
初めてやったピロリ菌検査も、陰性でした。

■軽度異常

胆機能
腎機能
血圧
腹部エコー

胆機能、腎機能では一部数値がオーバー。
胆機能は初測定でしたが、腎機能は3年前は異常なし。
尿酸値はOKでしたが、クレアチンなる数値がわずかにバツでした。

血圧は、以前高かったのですが、ここ2年ほどジムで図る時は安定。
しかし、人間ドック時では1回目130台、2回目には120台になりましたが、軽度異常と判定されてしまいました。

腹部エコーでは、胆嚢ポリープ疑いとありました。
「え?ポリープ?ヤバくね?」と思いましたが、所見では、「腹部エコーにて軽度の所見を認めました。1年後に検診で確認しましょう」とのこと。
すぐに精密検査って程ではないみたいですね。

■要経過観察・生活改善

脂質
身体測定
視力

脂質はコレステロール値が、のきなみ大幅超過。
悪玉コレステロールは、60~119基準のところ、168でした。
ただ、過去3回では176、176、181だったので改善傾向ではあります。

身体測定では、身長172.2、体重54.5。
ウエストも63.5cmしかありません。
痩せすぎで、C判定を食らってしまいました。
3年前は57kgあったのに、次第に痩せていってます。
炭水化物は取りすぎたくないし、でも痩せすぎるし・・・
バランスが難しいです。

視力は、裸眼で右0.9、左1.0。
これまで両目1.0以上だったのに、下がりました。
以前からテキトーに答えて当たっている感もありましたが、セミリタイアしてスマホの見すぎかもしれません。

想定内のB型肝炎以外の再検査はありません。
前回数値、もっと言うと5年前よりも、やや改善しているものが多い。
がんやピロリ菌もなく、3年間健康診断も受けていなかった身としては、ちょっとホッとしています。

ただ、異常値は多くて健康不良児と言えるでしょう。
引き続き、生活習慣に気をつけ、定期的に検診を受けたいと思います。

B型肝炎については、放置していた点を反省して、今後は真摯な療養態度に努めます。
Source: Time is money  キムのお金日記