同僚の23歳の女性スタッフが先日、私に「アンタやから信用して話すけどさ・・」と持ち掛けて来た。
その日は朝から嵐であったので、職場に2人だけであったが客が来るわけもなく、暇な朝であった。

同僚によると、彼女の知らぬところで出会いサイトに顔写真入りで「私はレズビアンです。真剣に交際出来る相手を探しています。職場は〇〇、役職は△△、趣味は□□・・・」と勝手に掲載されていたのを友人が偶然に発見、連絡があったのだという。
プロフィール写真は3か月ほど前にインスタグラムに掲載したもので、承認した友人しかそれを見る事は出来ないようにしているとの事だったが、全く身に覚えのない事であり、間違いなく友人かここの同僚の誰かしか考えられないという。

家族はそんな事をするはずもなく、また私は完全アナログ人間であるからフェイスブックもインスタグラムもワッツアップの類も一切やっていない事から、同僚で唯一シロなのは私だと話してくれたのであった。
「もう同僚も友達も信用でけへん・・」と人間不信になっている。
私は「前の彼氏とか、今の彼氏の元彼女とか、何か知らんとこで恨み買ってるんちゃうの?」と聞いたが「覚えはない」との事だった。

この3か月で新しく友人になった者はおらず、そうなると古くからの友人と同僚に限定されるのだと言っていた。
「せやから私みたいに全部やめてもうたらエエねやん。ほんなら嫌な気分にならんでもエエ」と忠告しておいた。

数日前、仲良しのママ友と茶に行った。
友人の高校生になる娘がスナップチャットという機能で下着姿の自分を彼氏に送信、それが何故か友人に出回って母親の知れるところとなった。
私はよく分からんのであるが、このスナップチャットという機能は友人などに写真を送っても10秒で消えてしまうため後に残らないらしい。10秒で消える事から安全だという認識があったのだと思うが、この10秒以内に彼氏が別の携帯で画像を激写、それが友人らに出回った。

軽い気持ちからやってしまった事であるも、友人は事の重大さを娘に伝え、娘も深く反省したのだというが、今後はもっと頻繁に気を付けて携帯を見るなどすべきか・・と悩んでいた。

もう私の中で今の最新情報と機能について行けないのが本音で、我が娘が高校生になった頃には完全にチンプンカンプンだと思う。
が、写真だけは気を付けねばならないとだけは伝えなアカンと思うアナログ母である。
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記