20201013-05.png

20201013-04.png

ここにビンが2本とビー玉が10個あります。

10個のビー玉のうち5個が黒色で、残りの5個が赤色です。

このビー玉10個を、必ずどちらかのビンに入れます(入れる数は自由です)

どちらかのビンを取って、中のビー玉を1個取り出し、赤が出れば勝ち、

黒が出れば負けというゲームを、1対1で行います。

どちらのビンを選ぶかは相手が決めますが、ビー玉の入れ方はあなたの自由です。

さて、どのように分けたら、あなたが勝つ確率が高くなるでしょうか?

———————————————————————–

この問題は一見どのように分けても同じ確率に思えます。

ビンが1本だけならそうですが、ビンが2本あるところがポイントです。

相手がどちらのビンを取るかの確率は50%です。

ということは必ず勝てるビンを1本作れば、50%の確率で勝つことが出来ます。

必ず勝てるビンとは、赤色のビー玉だけが入ったビンですが

赤色のビー玉を1個だけ入れたビンを用意しておけばいいわけですね。

こうすると、もう一方のビンには赤色4個、黒色5個が入ることになり

こちらのビンを選んだ場合でも赤色のビー玉を取り出す可能性が生まれます。

このビンで赤色のビー玉を引く確率は9分の4です。

このビンを取る確率が2分の1なので、それを考慮すると9分の4×2分の1なので18分の4となります。

赤色のビー玉を取る確率の合計は2分の1(必ず勝てるビンを選ぶ確率)と

18分の4(もうひとつのビンを選んで赤色のビー玉を取り出す確率)を足すと18分の13となります。

なんと72%の確率であなたが勝つことが出来るのです。

なぜこんな問題を出したのでしょうか?

相場で勝つためには同じように確率で考えることが必要だからなのです。

株価は上がるか下がるかのどちらかですから勝てる確率は50%ですね。

しかし、50%以上の確率で勝てるトレードシステムというものが存在します。

その理由は相場における歪みを見つけ出すことなのです。

ある特定の条件が重なったときに相場の動きに歪みが起きて50%以上の確率で自分の思った方向へ株価が動く。

このような条件を見つけることです。

上昇トレンドのときと下降トレンドのときの株価の動き注目して見てくださいね。

株価の歪み、みつかると思いますよ。

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあればブログランキングの応援クリックをしていただけると嬉しいです。。

よろしければ下のバナーを1回クリックお願いします。 お陰様で今日もブログの更新が楽しいです

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村



Tradingviewでもトレードアイデア公開していますので、
フォローしていただけると嬉しいです。
https://tradingview.go2cloud.org/SH4Ic

https://jp.tradingview.com/u/tuiterusennin/
Source: ついてる仙人の「株式投資」「日経225先物」と「ありがとう」で幸せになるブログ