おはようございます。

昨日のNY株式市場は5日ぶりに反落。月初から1000ドル強の上昇により利確バイアスが高まっていたところに、決算に絡めたJPモルガンの業績先行き不安、J&Jのコロナワクチンの治験中止などがきっかけとなって「債券売り(金利は上昇)・株式買いの巻き戻し」が進展。追加経済対策を巡る与野党の泥仕合も重石に14時台に28,604ドル(-233)まで下落すると、引けにかけても売り優勢で推移。

ダウ構成銘柄は概ね軟調。ボーイング、アップルが指数安を主導。ナスダックはネットフリックス、マイクロンテクノロジーが買われて、小幅反落。日経先物は、NY株を重石としつつ、ドル円の底堅さを支えに23,500円で取引を終了。


NYダウ 28,679ドル -157、ナスダック 11,863p -12

米10年債利回り 0.728% -0.046、為替  105.47円/ドル
NY原油 40.20 +0.77、日経先物 23,500円 -90

big (19)

□ 本日の展望 : 利確賛成ムード
NY株安に呼応した軟調スタート後、引けにかけては直近の騰勢によるリスク許容度の高まり、菅政権の追加経済対策期待を背景とする押し目買いなどが下支えとなる底堅い推移が本命視されます。想定レンジは23,400~23,650円。

<<主な決算発表>>
10/14(水)3562 No.1、2337 いちごHD、3179 シュッピン、3558 ロコンド、3990 UUUM、6634 ネクスG、6668 ADプラズマ、7608 SKジャパン、7818 トランザクション、9418 USEN ※ 決算目前銘柄はポジション縮小がおススメ。

★ 本日の戦略 : 続・10月前半の23,000円台前半を強気に!
「24,000円は強めの上値抵抗帯」を念頭に、23,000円台後半での本気買いは控えながら、23,000~23,200円レンジを目先の底値圏とする押し目買いに注力するスタンスを継続。

ターゲットは好トレンド中小型株を中心視。流動性高めのものを“ポジションの中核”に据えながら、テーマ・テクニカル・価格帯・出来高などの分散を意識。

※ 本日はNY株の反落に伴う利確賛成ムードの拡散が警戒されますので、個々の手仕舞い条件の設定と徹底はお忘れなく。地合いに比較してもたつきが目立つ銘柄は早めのポジション縮小がおススメ。

★☆Sラボ銘柄☆ 7746 岡本硝子を中心とする低単価2銘柄での短期回転狙い、☆ 6000番台、☆ 昨日からの新銘柄でのブイキューブの後継候補・ポジションの中核銘柄の育成狙いを継続。

昨夕の戦略を踏襲。本日の日経安によっても全体戦略における買い下がりメド(≒23,200円)まで距離を残していますので、一定の余力を残しながらの押し目買い、上昇時も隙あらば買い増し → 一段高を小口利確…イメージで臨んでください。

【ウォッチ銘柄】
△ 3678 メディアドゥ
21年2月期経常益予想を20億円から28億円に上方修正。イーブック(3658)、ビーグリー(3981)、Link-U(4446)、パピレス(3641)など電子書籍関連への波及効果にも注目。

△▼ 1418 インターライフ
8月中間期経常益(5.54億円)は前年同期比5.6倍、通期予想も大きく超過する好内容で着地。吹き値待ちの売りが正攻法となりますが、古典的仕手株だけに踏み上げ狙いの仕掛けには要注意。

△▼ 7187 ジェイリース
21年3月期経常益予想を1.5億円から5.4億円に大幅上方修正。こちらも売り買い双方の即転狙いでケア。
    (会員サークルより >>Sラボ参加案内

 『 軽い利益よりも厚みと重みのある利益を!』

では 本日もよろしくお願いします。

 

      

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村       


Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆