本日の日経平均は小幅に続伸。前日のNY市場での「ユーロ買い・債券売り・株式買いのポジティブトレードの巻き戻し」を受けて売り優勢で寄り付くと、105.30までのドル円の軟化も重石となって10時過ぎには23,518円(-82)まで下落。売り一巡後は日米企業決算ラッシュを意識した23,600円台前半の持ち合いに移行。

東証主力株は素材エネルギー・自動車・金融を中心に売り優勢。中小型株は 6658 シライ電子、3562 No.1、1418 インターライフ、3323 レカム、4398 BBSec、4443 Sansan4051 GMOFG、4880 セルソース、4480 メドレー、4479 マクアケ、2150 ケアネット、3663 アートスパーク、3633 GMOペパボ、3856 Abalance、7448 ジーンズメイト、4577 ダイト、7022 サノヤス、7816 スノーピーク、3658 イーブック、6814 古野電気、3788 GMO-GSなどに短期資金が流入。マザーズ指数は06年8月以来の高値水準まで上昇。

日経平均 23,626円 +24、Topix 1,643 -5
225先物(12月限)23,590円、為替 105.43円/ドル
NYダウ先物 28,612ドル +27

big (21)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 9978 文教堂
20年8月期経常益予想を1.19億円から3.58億円に上方修正。

△ 4764 SAMURAI、9417 スマートバリュー
勘助氏の方で継続注力中。ともにテクニカル妙味を増しています。直近参戦の4300番台も・・・!

△ 3923 ラクス
21年3月期経常益予想を33億円から36.17億円に上方修正!お持ちの方は目先は利確優先で臨みつつ、落ち着きどころと「売買難易度の高まりが想定される10月下旬」との兼ね合いをケアしながら、再戦の機を窺うスタンスで臨んで下さい。

△ 6387 サムコ
7月ご提案時は不発に終わりましたが、お伝えしていたパワー半導体関連としてのみならず、コロナ対策・5G関連としての切り口も追い風にテクニカル良化が顕著となっています。押し目買いスイング狙いで注目。

☆ 7746 岡本硝子 
10/2 ≒ 209円 → 10/13 233円 +24 11.4%上昇 

低位株なりのボラティリティの高さをケアしつつ、持ち直し初動も強気の構えで。

Mchart-mchart (2)

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!
   

      

   


Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆