football-63629_1280.jpg

昨日はJリーグの試合があったのですが、観戦の楽しみとして、スポーツくじ・totoを買ってみました。

totoについて、仕組み、予想・結果、感想の3本立てで記事を書いていきます。

(仕組み)

スポーツくじは、Jリーグの試合結果が当たると、当選金が支払われます。
くじには数種類あって、大きく分けると、BIGとtoto。

BIGはコンピューターがランダムに結果予想、totoは自分で結果予想。
BIG、totoの中でも、予想する試合数や予想方式(勝敗・得点)で数種類のラインナップがあります。

Jリーグファンの僕は、予想する楽しみを味わいたいので迷わずtoto。
中でも一番ベーシックな(普通の?)totoを買ったので、以後はそれについてお話します。

totoでは、指定された13試合(J1の全9試合、J2の中で4試合)のホームチームの勝ち、負け、引き分けを予想。
1口100円。
当選には、1等(全部的中)、2等(1試合はずれ)、3等(2試合はずれ)の3つがあります。

当選金は、売上金の50%が原資。
1等70%、2等15%、3等15%の割合で配当されます。

例えば、売上金が1億円で、1等当選者が5口だった場合。
1億円✕50%=5,000万円が当選金総額。
5,000万円の70%である3,500万円を1等当選5口で、按分します。
つまり、3,500万円÷5口=700万円。

ただし当選金には上限があって、1等最高1億円。
当選者がいないと、当選金が次回持ち越し(キャリーオーバー)となり、この場合は最高5億円。

ちなみに当選が出た過去5回の1等当選金は、806万円(キャリーオーバー1回分あり)、144万円、931万円(キャリーオーバー1回分あり)、6,626万円(キャリーオーバー2回分あり)、3,656万円となっています。

(予想・結果)

僕は、1口100円のみ購入。
窓口は複数ありますが、連携が簡単そうな楽天で買いました。

先に書いたホームチームの、○勝ち、●負け、△引き分けで、予想→結果の順番で表示しています。

(J1)

札幌 vs 柏 △(引き分け) ●(柏勝利)
鹿島 vs 湘南 ○(鹿島勝利) ○(鹿島勝利) 的中
川崎 vs 横浜FC ○(川崎勝利) ○(川崎勝利) 的中
G大阪 vs 名古屋 ●(名古屋勝利) ○(G大阪勝利)
清水 vs 浦和 ●(浦和勝利) ●(浦和勝利) 的中
FC東京 vs C大阪 △(引き分け) ○(FC東京勝利)
神戸 vs 鳥栖 ○(神戸勝利) ○(神戸勝利) 的中
大分 vs 広島 △(引き分け) ●(広島勝利)
横浜FM vs 仙台 ○(横浜FM勝利) ○(横浜FM勝利) 的中

(J2)

岡山 vs 山形 △(引き分け) ○(岡山勝利)
愛媛 vs 新潟 ●(新潟勝利) △(引き分け)
北九州 vs 水戸 ○(北九州勝利) ●(水戸勝利)
磐田 vs 甲府 △(引き分け) △(引き分け) 的中

結果は、13試合6試合で的中。
当選には、全く及びませんでした。

単純な確率よりは、的中させました。
ただ、手堅い予想でガチで狙いにいっただけに8試合は当てたかった・・・

特に、知識と情報に乏しいJ2が鬼門でしたね。

ちなみに、当選金は1等8口381.6万円、2等290口2.3万円、3等3,288口0.2万円でした。

(感想)

率直な感想として、非常に面白いと感じました。

100円でも賭けて、数百万円GETの可能性があると思うと、熱意が全然違ってきます。

1時間以上、情報を集めて試合をイメージしながら本気で予想。
試合中も、ハラハラ・ドキドキ。

昨日は全試合ほぼ同時開催でしたが、土日開催で時間もずれている場合が多い。
その際には、複数試合で興奮を味わうことができます。

一方で、今回みたいにほぼ同時開催のメリットもあります。
totoを購入できるのは、一番最初の試合の10分前まで。
その時点では、全チームのスタメンが分かっているので、より予想が立てやすい。

いつもは、ファンの名古屋グランパス戦か首位攻防戦ぐらいしか見ませんが、より興味を持って観戦できそう。
さらに、予想のために日頃から情報収集にも熱が入りますね。

100円でJリーグをもっと楽しめるオプションとして、totoはなかなか優れていると実感しました。

他の予定がなく、フルで観戦できる場合は、また賭けてみようと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記