mildew-5251894_1280.jpg

木曜日に書いた部屋のカビ問題の対処戦略
①シカト ②無料で対処 ③対処して費用を請求される に場合分けして整理しました。
これを元に、金曜日に管理会社に連絡しました。

電話に出たのは、若い女性。
おそらく結露が原因で、カビが生えてしまった旨を話しました。

発生時期や換気状況を聞かれます。
1年目・2年目の冬に発生。
換気は特に意識してはいないが、全くしなかった訳でもないと正直に話しました。

物件担当者や業者に確認して、どう対応するかを連絡しますとのこと。
一旦電話が終わりました。

その後、10分超で最初の方から電話があり、以下の通り言われました。

当該物件は結露が起きやすい。
今回、業者の手配は行わない。
少しの換気でも、結露はかなり防げるので、今後は意識して欲しい。

結論は出していただきましたが、分類では①シカトに近いですかね。

おそらくですが、他の部屋でもカビが発生しており、担当者も把握&想定済みなのでしょう。
壁紙を張り替えても、どうせまた発生するからなのか?
現地確認や業者の手配はしないと、明確な回答がありました。

カビに伴う、退去時の費用請求についても聞きました。

退去時には現場確認の上、費用を請求するかどうかが決まる。
その時の状況次第で、今は何とも言えない。
ただし、今回連絡をいただいた点は、言ってもらえればいい。

対処はしてもらえませんでしたが、費用請求は避けられそう。
仮に管理責任を問われて請求されても、反論可能です。

結露は構造上の問題。
カビが生えたので相談したが、換気の徹底を助言されたのみだった。
その後換気は行っていたが、この状態は避けられなかった。

日時と対応者の名前も記録したので、これで勝てるはずです。

お金の問題は一安心ですが、さすがに住環境的にこのカビは問題。
コメント欄で、自力での対処法も伝授いただいたので、自分でも調べて何らか対処はしたいと思います。
Source: Time is money  キムのお金日記