ドキドキ ふたりとも、その試作を食べて、
「ん~~っまっ。」
奈都美、伸永。

奈都美、
「うんうんうん。これ…いい、いい。」

伸永、
「お~~いしい~~。」
にっこりと。

奈都美、
「うんうん。それは今、君が食べて分かったから。さて。これを…、どうやって…???」

朋代、
「確かに。味は良くても、見た目だけでは…、伝わらない…と…。」

奈都美、
「うん。美味しさに、プラスしての、外見からも…インパクト。アプローチよね~~。」
そして、
「ねね、これって、優里亜…???」

朋代、
「ふん。ここまで仕上がってるって事だけは…知らせてる…けど…。まだ、実際には…。」

「ふんふんふん。」

伸永、
「…???ゆりあ…???」

「あ~~。ゆりあ。加瀬優里亜。営業のね。」

朋代、
「七瀬の彼氏の翔。その翔の元カノ~~。」

伸永、
「えっ…???そうなんですか…???」

いきなり奈都美、
「トモさん、余計な事…。」

朋代、
「かかかか。悪い悪い。」

けれども伸永、いきなり試作を見ながらまた用紙に。

朋代、そんな伸永を見て、
「かかかか。知ったこっちゃないね~~。」

奈都美、ぷ~たれながら、右目を歪めて、小さな声で、
「少しぐらい、興味持てよ。」

伸永、用紙にサラサラとまたスケッチして、更にデジカメで試作を撮る。

奈都美、
「どう…???上手く撮れた…???」

伸永、伸永の傍で画像を…。

そして、
「うんうんうん。良い感じ。…ん…???」
また伸永から薫る程よい香り。
その時、奈都美、朋代にいきなり耳打ち。
「ねね、昨夜さ、タクシーに乗ったとき、この子の隣に座ったでしょ。」

朋代、
「うん。」

「なんか、良い匂い…しなかった…???」

その声に朋代、奈都美の顔を見て、
「いい…匂い…???」

奈都美、
「うんうん。」

朋代、首を傾げながら、右拳を顎に、
「ん~~~。特に~~。」
そして、
「あっ。でも…、尾田君、家に連れ帰って、玄関の壁で眠ってた時。妙に可愛かったの…気づいた。かかかか。」

奈都美、
「はぁ~~あ…???」

そんな奈都美に伸永、用紙を差し出して、
「七瀬さん。出来ました。これなんか…どうですか…???」

奈都美、
「へっ…???あ。あ~~。」

朋代、クスクスと笑いながら…、
「尾田君って、ほんとう~~に、面白いよね~~。全く…私と七瀬の会話に、興味なさそうで…。かっかかかか。」
笑いながら、
「いま…君の事…話してたのに…。おっかし…。」

伸永、
「へっ…???そうなんですか…???」

その時、奈都美、
「すんごっ。これ…。この前の時とも全然違うってヤツ。ねね、トモさん。」
用紙を朋代に。

朋代も、
「へぇ~~。なんとまぁ…。」
そして同じ研究員に、
「ねね、律っちゃん、これ見て…。」

そして研究員も、
「わぁ~~。いい、いい、いい。うんうん。デザインいいわ~~。」
他の研究員も、
「どれどれ…。」

奈都美、
「ふ~~ん。凄っ。試作だけで、こんなアイディア、デザイン…、思いつくんだ~~。」

朋代、
「もしかして…、七瀬。これ…、提案しても…いいかも…。」

そんな声に奈都美、
「だ~~ね。」

「…と言う事で、課長。尾田君のデザインした試作をモチーフしたデザインです。まだまだ、これからですけど…。目に留めて置いて頂ければ~~。」
奈都美。

傍で伸永も一礼をして。

内海、
「おぉ。分かった。ん~~。いいんじゃないか~~。まっ、まだまだこれから先、いろんな意見…出て来るとは…思うが…。」

奈都美、
「はい。」

そしてまたチョコンと内海にお辞儀をして伸永。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋