man-1445526_1280.jpg

セミリタイアしてストレスが減ったら、心に余裕ができて穏やかな人間になることができる。

退職前、僕はこんな風に思っていました。

セミリタイアのメリットとして、この点を挙げる方も多くいらっしゃいます。
相互リンクさせてもらっている、人生よよよさんもブログ記事(「今が人生史上一番心がキレイだなと思います」)中で、以下の通り言っています。

今が人生史上一番心がキレイだなと思います
人を恨むこともないし、心にめちゃくちゃ余裕があります

しかし、残念ながら自分には当てはまりませんでした。
客観的に見て、セミリタイア後で完全に性格が悪くなったように感じます。

性格が悪くなった理由は明確で、自己肯定感が急激に高まったからでしょう。

フルタイムで働いていた時は、自分のミスや無能が原因で、周りに迷惑をかけることが多々ありました。
当然、自己否定感が大きくなっていきます。
すると何かトラブルがあった場合に、まず「自分に落ち度があったのではないか?」の視点を持ちます。

一方、退職して簡単なバイトばかりやっているので、迷惑をかけることも怒られることもほぼありません。
32歳で4,000万円貯めてセミリタイアを達成した、自信もあります。

退職前に大半を占めていた自己否定感が弱まって、代わりに自己肯定感が一気に台頭してきます。
以前のように、自分の落ち度に目を向けられずに、相手が悪いとばかり考えてしまいます。
そして、それを前提とした言動が出てしまう。

先日も、典型的な例がありました。

買い物に行った時、おじいちゃんが熱心に商品を見ています。
リュックを背負っており、僕が通りたい通路を塞いでいます。
近くまで行っても気が付かず、体を細めて通りましたが、おじいちゃんのリュックに当たってしまいました。
すると、明らかに不快な顔をして、こっちをめっちゃ睨んできます。

「は???てめーが邪魔しておいて何だその態度は?」とイラッとして、僕もメンチを切ってしまいました。

ただ冷静に考えれば、気づいてもらえないなら、通る時に僕も「すいませ~ん」と一言声を掛ける方法もあった。
何よりも、リュックに当たって相手を不快にさせたことは事実なので、謝罪をするべき。
さらにいくら睨まれても、目上の方に対してメンチを切るなんてあるまじき行為です。

以前なら、悪くても無視してそのまま通り過ぎていたはずなので、性格の悪化を感じました。

そもそもトラブルが少ないので、頻度は高くありませんが、ちょっとしたことでもイライラしやすくもなっています。

自己肯定感が暴走している。
セミリタイアをこじらせていると言えるかもしれません。

良くも悪くも孤独が平気なタイプなので、性格が悪くなり、人から嫌われても基本実害はありません。
しかし、さらに自己肯定感が暴走していくといい結果を生まないことは間違いありません。

前述の例でも、メンチ切っただけで騒動に発展することはありませんでした。
ただ一歩間違えば、喧嘩が始まっていたかもしれません。

性格悪化の流れを自覚して、少し補正をかけていく必要があると思っている最近です。
Source: Time is money  キムのお金日記