尿漏れは30代前半から、今に至るまで起こってしまっています。会社で働いている最中、トイレに行ってから戻ってくると、パンツに尿をドバっと漏れたのが最初でした・・・。

そして、職場は尿の臭いで充満してしまいました・・・。その後、何度、尿を出しても尿漏れを起こすようになってしまいました。

なんで個室トイレばかり入るの??

尿のトラブル 尿漏れ、頻尿など

 

プレッシャーや緊張にたましいがサインを出しています

 

加齢による尿漏れや頻尿は、いわば肉の病ですが、まだ若いのに尿のトラブルがある場合は、たましいがなんらかのプレッシャーや緊張を感じているケースが多いようです。
たとえば習い事をたくさんしている子どもが、頻繁にトイレに行くというケース。
本人は懸命に習い事をこなしているようでも、たましいが「あのお稽古の練習もやらなくちゃ」「このお稽古にも行かなくちゃ」とプレッシャーを感じていると、尿のトラブルとしてサインが表れたりします。
最初は頻尿だったのが、慢性的な下痢につながることも。肉体的には問題がなく、病院でも診断がつかないのに頻尿や下痢が続く場合、それはたましいからのメッセージかもしれないと、違う角度から見てみましょう。

 

引用元:江原 啓之. 開運健康術. 中央公論新社, 2020, 234P

 

尿漏れを起こすようになって、パンツにトイレットペーパーを挟むようになりました。ですから、尿だけでも女性みたいに個室トイレを利用せざるを得なくなりました。

 

普通の男性の便器だと尿漏れを起こす可能性が高いので、立って尿をすることができなくなってしまいました。ですから、会社の人たちから、個室トイレしか行かないので、すごく不審がられてしまったことが何度もありました。

 

個室トイレで怪しいことをしているのではないかと言った噂がたったり、実際に、

 

なんで個室トイレばかり入るの??

 

と、面と向かって男性に聞かれたことがありました。聞かれた時は本当に恥ずかしくて、本当の理由が癒えませんでした。

ズボンからトイレットペーパーが落ちてしまった

 

かれこれ、借金を背負う前から肩こりには悩まされていました。両親が離婚してから、僕は小学生なのに、マッサージ治療院に通院していました。首、肩、背中が激痛でやる気が出ない特に、首、肩、背中が激痛で貼り薬を貼っても一時的にしか効きません。 鍼灸院で…
首、肩、背中が慢性化して整形外科からは総合診療科へ行くように言われた – 1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した…

 

今でも尿漏れを起こしていることを誰にも言ったことがありません。年齢的に尿漏れを起こすような年齢ではないと感じているからです。

 

一度、泌尿器科に通院したことがあるのですが、異常が見当たらないとの診断でした。ただ、パンツにトイレットペーパーを敷いていると、パンツとズボンの間にトイレットペーパーがずり落ちてしまったり・・・。あるいは、最悪な時は、ズボンからトイレットペーパーが落ちてしまったときとかは最悪です。そして、パンツに尿がついてしまう・・・。そんなことが何度もありました。

 

そして、男性用の尿漏れパットを数年前から愛用するようになりました。パンツに尿漏れパットを貼り付けて、尿が漏れてもパンツに尿のダメージが行かないようにしました。お金がかかるようになりましたが、トイレットペーパーを敷くときと比べて随分と快適になりました。

 

ただ、今もなお、個室トイレを使わないと尿ができない誰にも言えないコンプレックスを抱えることとなってしまいました。

一生、尿漏れパットにお世話にならないといけないような気がする・・・

 

書籍「毒親」の子どもたちへ 精神科医 斎藤学氏の書籍を読むきっかけは、同居している長年、悩んでいる母親の存在です。両親が離婚して、父親が出て行ってから、母親と二人暮らしをしてきました。不自由な生き方を強制されているような、束縛されているような、見え…
機能不全家族と毒親と借金の三重苦の原因についてわかったこと – 1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した…

 

尿漏れを起こすようになった時には、借金ができ始めたときでした。また税金滞納が始まった時でした。働いて返済していかないといけないというプレッシャー、緊張に毎日、悩まされていた時期でもありました。そんな時に、初めての尿漏れが職場だったという最悪の結末を迎えました。

 

今も利用している尿漏れパットはamazonで購入しています「ライフリー さわやかパッド 男性用 20cc 少量用 26cm 26枚」を昔から利用しています。これは、シール付きなので、パンツに軽く貼り付けて、毎日取り換えるタイプの物です。

 

これ・・・、一生、尿漏れパットにお世話にならないといけないような気がしてなりません。今は、働けなくなって、うつ病になって、自己破産してしまい、持ち家を手放さないといけなくなりました。

 

もう、ストレス、プレッシャー、緊張を超えてしまい、苦しい、悲しい、虚しい、人生に変貌してしまいました。最近も普通に歩いている時に、ドバドバ・・・っと、結構な量の尿漏れをスーパーマーケットで起こしてしまいました・・・。もう、最悪です・・・。恥ずかしいです・・・。

 

尿漏れパットに頼らないと生きていけない自分にも情けなさが込みあがってくることもあります。誰にも言えない秘密なので、将来的に、結婚も恋愛も考えることができない心身となってしまいました・・・。

スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんの開運健康術から尿のトラブル 尿漏れ、頻尿などを読んでみたはブログ、1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した体験談ブログに掲載された記事です。

Source: 1000万円以上滞納したうつ病の一人暮らし自己破産した僕の借金体験談