film-596009_1280.jpg

先日、バイトとJリーグ中継(応援している名古屋グランパスの試合)が被ってしまいました。

いつもは、休憩中に途中経過・結果を確認して、帰宅後にハイライト映像を見ます。
ただそれだと面白みが90%減になってしまうので、情報を入れずに帰宅して録画映像を見る方法を試してみました。
体験談を書きたいと思います。

スポーツでも、大一番(オリンピック、W杯、優勝争いを左右する天王山、ポストシーズン、千秋楽等)でもない限りは、そうニュースになることはありません。
周囲の人が話題にしていることも、まずあり得ません。
サッカーのリーグ戦1試合なら、スポーツニュースさえ見なければ情報を入れないことが可能と考えました。

でも少し甘かった。
普段から積極的にJリーグ情報を集めているので、スマホがかなりカスタマイズされて、迷惑なことに情報を与えてくるのです。

実は数週間前にも試しましたが、その際はTwitter関連で家に帰る前に目に入ってしまい失敗しました。

そこで今度は、万全を期してTwitterを始めなるべくスマホは見ないように帰宅します。
ただ連絡等の関係で、スマホの電源を切るまではしませんでした。
それでもGoogleの忖度がすごく、勝手に試合結果通知をしてきて別の試合だったので助かりましたが、危ないところでした。

なんとか情報遮断に成功して、DAZNの録画試合を帰宅後見ます。
ここでも大雨で、試合が中断していて10分ぐらい早送りしすぎてしました。
幸い大事なシーンはなかったので、事なきを得ました。

で感想ですが、しっかりと情報遮断さえできれば、リアルタイムの8割程度は楽しむことができます。
普通にハラハラしながら見ていました。
これまでの、結果確認+ハイライト映像より格段にいい。

野球は試合時間も長いし、終わり時間も見えないので微妙ですが、2時間のサッカーならいけるなと感じました。

しかし、スマホ時代に情報遮断は難しいし、DAZN等の操作をミスるとパーなってしまいます。
結構リスキーな行為ではあります。
情報遮断と録画再生のスキルは高めていかないといけません。

現状楽なコールセンターのバイトが、土日にあって月1回ぐらいは入れたいところ。
他にも、試験監督、イベント運営等、好きなバイトは休日にある傾向があります。
Jリーグを完璧に見るために、バイトを入れずにその分節約する、平日にある別のダルいバイトを入れる選択もありますが。
それよりも、楽なバイト+録画で対応するほうが、総合的な満足度は上がると思いました。

真のスポーツ好きからしたら、あり得ない中途半端な行為かもしれませんが、適時録画も使いながらスポーツ観戦ライフを楽しんでいこうと思います。
1ついいライフハックを得ることができました。

ただし、あくまでも普通のリーグ戦1試合が対象であり、シーズン終盤等は安易に妥協せずにリアルタイムで見ます。
Source: Time is money  キムのお金日記