さて夏休みも終わり子連れ客も減少、今まで通りの客足に戻った先週の私の職場。
今回はコロナの関係で入店時に人数制限を行っていた事もあり、外で待つ客からの暴言が非常に多かった。
入り口で客対応に当たったスタッフはキツかったかと思う。

私などババアなので気にもならなかった。
しゃーないやん?だってコロナでこないな事になってしもうて、何処も人数制限やってんねんから、文句言われても無理なもんは無理、並ぶのが嫌なら開店と同時に来いよと平気でいられるが、学生バイト達はかなり参っていた。

私がこの国で14年接客をしてきた中で感じる事、それは以前どなたかがコメントにも書かれていたのであるが、何故か不機嫌な女性客が非常に多い。
若い人や中年の方はそうではないのであるが、子連れの女性は特に不機嫌で喧嘩腰。
在庫が無い、待たされるなどするとキレて迫って来る事が多いように感じる。
私にも子がいるから子連れの買い物がストレスなのも分からないでもないが、本当に厄介である。
であるから、そんな中において笑顔で返事をして下さる方、当たり前の接客をしたのに「ありがとう」と言われると、その人が神にさえ見えてくる。

昨日も閉店10分前に来た家族連れ。
月曜日から子供の学校が始まるため、リュックサックを探しているのだと入店してきたが、思っていた物が無かったらしい。
「来るだけ時間の無駄だったわ、行きましょう」と母親は子に言い店を出て行こうとした。
母親は振り返り、私に「この時期(9月から新学期がスタートする時期)にリュックサックが在庫切れなんて管理者の能力を疑うわ」と言い出て行った。
己の準備不足を他人にキレる母親・・

私に気功の最強能力があったなら、あのオバハンを遠目から左回りで倒したかった・・
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記