実家に住んでいたころは、母親がシーツを洗ってくれていました。おそらく、1ヵ月に1回くらいのペースだったと思います。

一人暮らしになってから、シーツは一度も洗ったことはありません。特に汚れていると感じていないからです・・・。

ちゃんと大人しく寝なさい!!と、寝相のことを怒られてばかり

シーツをマメに洗っていない

 

お金持ちのベッドリネンは一見して清潔だとわかりますが、貧乏さんは「洗濯していますか?」と疑うほど、くたびれた寝具が多い。忙しいお金持ちは、短時間で体力を回復して仕事に向かいたいので、効率よく疲れを取る環境作りは自分への気遣いです。
一方、貧乏さんは自分を粗末に扱っている人が多い! 洗い立てのシーツが気持ちいいのは誰もが同じ。マメに洗い、心地よく眠ることが、お金持ちへの第一歩です。

 

引用元:ゲッターズ飯田. ゲッターズ飯田の金持ち風水. 朝日新聞出版, 2014, 96P

 

実家に住んでいたころ、母親は僕の寝具のシーツも洗ってくれていました。母親はとても神経質なので、シーツがきれいでないと、イライラしてしまうそうです。

 

また、僕は寝相がとても悪いので、シーツが乱れていると、ちゃんと大人しく寝なさい!!

 

と、寝相のことを怒られてばかりいました。

 

寝相が悪いのは、寝ているので、無意識なので、治しようがありませんでした。もう、何百回、何千回と、寝相が悪いことを怒られてばかりきました。

なんだか、自分自身、生きているのが、苦しい、悲しい、虚しい

10年以上、借金を返し続けてきて、正社員をしている最中に、親子共依存、パワハラ、疲労、ストレス、睡眠不足など、様々なことが、重なったせいか、普通に働くことが困難になり始めて、会社の産業医から精神内科を受診するように言われました。会社の近くの精神内科…
自己破産して、一人暮らし、うつ病が続いている僕の朝の過ごし方 – 1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した…

 

一人暮らしになってから、シーツは一切洗っていません。シーツの色はグレーです。シーツにチャックが付いていますし、いちいち、布団を取り出すのが面倒と感じてしまうからです。

 

うつ病、自己破産している人間なので、このような習慣になっているのかもしれません。洗わないのはシーツだけではありません。同じ服、ズボン、靴下、下着を2週間くらい身に着けています。

 

とっても不潔だと自分でも感じているのですが、どうにも、動く気力がなく・・・。洗濯する気力がなく・・・。ヘルパーさんにきてもらっていますが、洗濯していただくことを依頼していないので・・・。

 

洗濯は自分自身でやろうと思わない限り、服を変えたり、下着を着替えたりすることができないです。そもそも、うつ病、自己破産で生き甲斐がなさ過ぎて、生きること自体をあきらめてしまっている状態です。

 

だから、不潔であっても、とりあえず、生きているみたいな感じです。なんだか、自分自身、生きているのが、苦しい、悲しい、虚しい・・・。そのような心境で毎日を過ごしてしまっています。

占い師ゲッターズ飯田さんのゲッターズ飯田の金持ち風水から貧乏な人の家は、シーツをマメに洗っていないを読んでみたはブログ、1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した体験談ブログに掲載された記事です。

Source: 1000万円以上滞納したうつ病の一人暮らし自己破産した僕の借金体験談