ドキドキ 奈都美、
「それそれ。」

瀧澤、内海、
「へっ…???」
「ん~~???」

「私と尾田君担当の新商品。」
奈都美。

「あ~~。営業の加瀬優里亜のアイディアのあれか~~。ショップに行かなきゃ食べられないムースがコンビニで食べられるって…。」
内海。

奈都美、
「はい。…で、課長から言われて試作。」

「うん。」
瀧澤。

「その時に、試作を食べて、尾田君、用紙にサラサラと…。…で、それを見てビックリ。」

内海、
「ふ~~ん。」
瀧澤の顔を見て。

奈都美、
「見た瞬間、私だったら、買っちゃうって。…まぁ…、ボールペンでサラサラと書いたようだったけど…、物凄い完成度。」
その声に瀧澤、内海の顔を見て、顔をチョコンと傾けて…。

内海、
「ほぅ~~~。これは、これは、頼もしい~~。」

瀧澤、
「しっかりと…、伸永…尾田君の事、見てあげて…。」

内海、
「まっ、蔵助(くらのすけ)にも、言ってはあるんだけど…。七瀬~~。頼む。物凄い内気で、おとなしいヤツだけ…ど~~。…但し、頭脳は明晰~~。」
そして、瀧澤の顔を見て、
「ですよね。お馨さん。」

瀧澤、
「…らしい…ですよ~~。梨花さんの話だと…。…私も…梨花さんから、馨子、お願い、あんたのとこで、面倒見て。って…頼まれちゃった口だから~~。…とは…言え、私だって、伸永とは…、あんまり…面識はないんだけどね~~。」

「それはそうと…、七瀬、おま…、翔とは…???」

その声に瀧澤、
「もぅ~~。庸ちゃ~~ん。そういうこと…、こういう場所で、当人に訊く~~???」

そんな瀧澤に内海、
「いやいやいや。そんな…お馨さん…。俺だって、気になるでしょ。こう見えても、翔の背中…、押したの…俺ですよぉ~~。」

そんな内海に奈都美、ペコペコと頭を下げて。

瀧澤、半ば、呆れ顔で、
「はいはいはい。そうでした~~。はいはい。」

奈都美、
「ご心配なく。御蔭様で、良きお付き合い…、させて頂いております。」

その声に内海、にっこりと、
「そうか、そうか…。」
瀧澤に指さして、
「ほれ…。」
そして奈都美を見て、
「ねぇ~~。」

奈都美、
「ぷっ。」

瀧澤、ビールを一口飲んで、
「…ったく~~。」

それから数十分後、瀧澤、
「ヨシ。ナッちゃん、そろそろ帰ろっか。」
奈都美を見て。

奈都美、
「あ~はい。うん。」

「庸ちゃんは…当然…ま~~だ、いるよね~~。」

そんな瀧澤に内海、
「あい。飲ませて頂きます。」

「奥様、明日まで、出張~~。亜衣子(あいこ)ちゃんは、合宿~~。家に帰っても、誰も~いな~~い。」

内海、
「その通りで~~。」

瀧澤、
「ふふ。行こ、ナッちゃん。」

奈都美、
「はい。」

レジで精算して瀧澤、
「じゃね~~。後は、よろしく~~。」
庸史に。

庸史、
「あ~~い。ご馳走様でした~~。七瀬、よろしく~~。」

玄関のドアを開けての瀧澤。

内海、
「まっ、男どもが寄ってきても、逆に…のめされるけどな~~。」
そう言いながら両腕を広げて、左右上下に。
「女だてらに、合気道、二段。うぅ~~~。…まっ、背も高く~~。日本人離れした…マスクなんだけどね~~。まま、プロポーションも…それなりでは…あるけど…。…けど…、図に乗って手を出したら、恐いよ~~。」
左腕を伸ばして、思いっきり捩じって、
「イテテテテテ~~って…事になるから、気を付けなよ、お兄さん。」
ふたりのジョッキを片付けに来た店員に。

店員、
「あっ…???はぁ…???」
首を傾げて…。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋