pack_gohan_renji.png

父親がJT株を持っている関係で、優待品のパックご飯が届きます。
それを食べている時に、いつも思います。

なんでパックご飯が、世の中に存在しているのか?と。

もちろん買う人がいるからなんですが、なんで買うんでしょうか?

普通に炊くのと、パックご飯。
両者の価格差を計算する人はまずいないでしょうが、誰がどう考えてもパックご飯のほうが高いのは分かります。

んで、安いほうの普通に炊くのが大変かと言うと、全くそんなことはありません。
炊飯器のお釜に直接米を入れて、3回ぐらい研いで、あとはスイッチを入れるだけ。
2・3分もあれば余裕です。

これが面倒くさいとか、マジでありえないですね。
どんなけ怠惰なんだよ。
そんなん言うなら、お前生きてるほうがよっぽど面倒くさいだろ?

あと、ご飯を炊くのは時間がかかるとか言う奴。
お前は、炊飯器の予約機能を知らんのか?

帰宅時間等の食べたい時間に合わせて、セットしとけばいい。
保温機能もあるから、余裕を持って数時間前でOK。
忘れたり、急に予定が変わったなら、40分ぐらい待っとけ。
どんなけ食い意地張ってんだよ・・・
メールの返信は遅いくせに、そんなとこだけせっかちになるな。

本当にお金が惜しくないのか・・・と思うんですが、惜しくないんでしょうね・・・

一体どのぐらいパックご飯が割高なのか、ちゃんと調べてくれてるブログを見つけました。

ご飯の自炊とサトウのごはんなどのレトルトご飯はどっちが安い?

結構緻密に計算されてますが、パックご飯のほうが3倍高いとの結論になっています。

こんなクソ贅沢品が堂々と売ってて、国民生活が厳しいと言われても全く共感できませんね。
本当に困ったものです。
Source: Time is money  キムのお金日記