札幌探訪記も28回目。
大台の30回に近づいてきました。

今回も、さぁ!まわろうSAPPOROを利用して、市内観光を無料で楽しんできました。

■札幌味噌ラーメン 白樺山荘

サッポロ夏割でGETしたクーポンを使える店を探していたところ、札幌味噌ラーメンの有名店・白樺山荘が目に留まりました。

7年前の札幌視察旅行で訪れた懐かしの味です。
クーポン1,000円を使い切るため、味噌チャーシュー麺を注文。
ゆで卵も食べ放題(常識的に1個しか食べませんでしたが)。

20200812_135522.jpg

20200812_134431.jpg

当時と変わらぬ、コクのあるスープと縮れ麺。
でも僕の生活は大きく変わり、セミリタイアを達成して夢にまで見た札幌で普通に暮らしている。

7年間の思い出に浸っていました。

■羊ヶ丘展望台

こちらも7年前の札幌視察旅行で訪れた思い出の地。
今は無料で入れるので、移住後初めて訪れました。

北海道らしい広大な草原が広がっており、その先には札幌ドームと都会の街並み。
もちろんクラーク像。
名前の通り、羊さんもいます。

都会と自然の融合、そして開拓精神。
まさに札幌を代表する場所で、イチオシ観光地ですね。

20200812_142348.jpg

20200812_144341.jpg

■大倉山ジャンプ台

昨年、スキージャンプW杯を観戦した大倉山ジャンプ台。
ジャンプ台だけではなく、札幌市内一望の展望台も兼ねています。

ジャンプ台までは山(丘?)を登っていくのですが、夜景を見るために円山バスターミナルからのバスが期間限定で無料に。

下から見ると、改めてジャンプ台の高さに圧倒されます。

20200817_190532.jpg

現在は、併設のオリンピックミュージアムと展望台までのリフトが無料。

ミュージアムは冬季オリンピックの歴史や選手たちの道具が展示してあり、スポーツ好きにはたまりません。

20200817_185816.jpg

そしてリフトに乗って、展望台へ。
急勾配のジャンプ台を横目に見ながら、上がっていきます。
スキーに行ったことがなく、たぶんリフトは初体験。
風も吹いているし、最初のほうがちょっと怖かった。

20200817_191016.jpg

展望台から夜景が見えるのですが、残念ながら展望台付近が霧に包まれて、ぼんやりとしか見えませんでした。
しかしジャンプ台ははっきりと見えます。
みんな口を揃えて、「こっから滑って飛ぶなんて、絶対無理」と言っています。

20200817_192337.jpg

展望台は無念でしたが、下りのリフトからは札幌夜景がバッチリ見られました。
ジャンプ台と一緒の夜景は、藻岩山とはまた違い、こちらも併せてオススメです。

20200817_192727.jpg

■札幌ドーム展望台

いつも野球やサッカー観戦でお世話になっている札幌ドーム。
ドーム内に展望台もあるのですが、未訪問でした。
無料施設になっていたので、もれなく行ってきました。

外観左の出っ張った部分が展望台です。

20200821_100347.jpg

展望台まではドーム3階から、さらにエスカレーターを登っていきます。
フィールドが見下ろせるのですが、めっちゃ高くて怖いぐらい。
全盛期の西武・カブレラが、この天井に打球をぶち当ててましたが、エグい怪力ですね。

20200821_101955.jpg

そしてお目当ての展望台。
最寄り駅が地下鉄の最終的で、郊外にある札幌ドームですが、テレビ塔や札幌駅ビルも見ることが出来ました。

20200821_102837.jpg

20200821_102259.jpg

■豊平館

すすきのから1駅の所に、中島公園と言う市民憩いの場があります。
その中にあるインスタ映え抜群の豊平館。
明治時代に開拓使直営の洋風ホテルとして建てられた建物ですが、今では国の重要文化財となっています。

20200821_120800.jpg

ジョギングコースで、いつもは外から眺めるだけですが、こちらも無料になっていたので入ってみました。

さすが由緒ある建物だけに、豪華な造り。
ソファーに座ることもできて、リラックスした時間を過ごすことができました。

20200821_121441.jpg

20200821_122100.jpg

今年の8月は各観光施設を無料開放してくれています。
全部自転車で行ったし、スマイルクーポンも使ったので、今回の探訪記でかかったお金は味噌ラーメン端数20円だけ。

改めて、札幌が好きになった素晴らしい夏でした。
Source: Time is money  キムのお金日記