ドキドキ 会社の前で立ち止まって奈都美(なつみ)、
「ふ~~。ただいまっ。オシっと。」

会社の中に入って、声を掛けてくれる社員たち、
「おはよう~~。」
「おぅ~~。帰ったか~~。お疲れ~~。」
「はいナッちゃん、おかえり~~。」

そんな声に奈都美、
「ふふ。ただいま~~。」

「おぅ、七瀬(ななせ)~~。無事、ご帰還か。」
髭面の男性。

「はい、郷池(さといけ)課長、戻りました~~。」

郷池、
「あ~~???なんだお前、日焼け…してねぇじゃねぇか。」

「な~~に言ってます~~。しっかりと…日焼け対策、してましたから~~。常識ですよ~~。」
目を真ん丸く奈都美。

「かかかか。そうか~~。おじさん、そう言う事には…、疎くてな~~。かかかか。」
そう言いながら廊下を行く郷池。

そしてまた廊下を歩いて角を曲がった途端、バン。
「わっ!!!」
奈都美、持っていたカバンや荷物の入った紙袋を床に。

ぶつかった相手、
「あ~~。ご、ごめんなさい。…すみません。慌ててて。あ~~。トイレ、トイレ~~。」

走り去っていく男性。

奈都美、
「びっくりした~~。」
そして後ろを向いて、
「…ん…???今の…誰…???」
首を傾げながら…。

開け放たれたドアから、
「おはようございま~~す。」

一斉に入口に視線が集まる。

「おはよう~~。おかえり~ナッちゃ~~ん。」
「なっちゃん、おかえり~~。帰ったんだ~~。」
「よ~~七瀬~~。日焼けしてねぇな~~。」

様々な声。

奈都美、歩いて、男性の机の前に、
「内海(うつみ)課長、ただいま、戻りました。」

内海と言われる男性、
「かかかか。おかえり~~。お土産、ちゃ~~んと、買ってきたか~~はははは。」

奈都美、
「はい。しっかりと。」

内海、右後ろに顔を向けて、
「ほぃ。」

奈都美、
「はい。」
今度は中央の机に向かって歩み寄って。
「瀧澤部長、ただいま、戻りました。」

「おかえり~~。ふふ…、楽しかった???」
瀧澤(たきざわ)と呼ばれる女性、奈都美の顔を見て、にっこりと。
「10日間…、いいよね~~。バカンスだよ。」

奈都美、
「いえいえ。」
そして両手に持った紙袋の中から…、
「え…っと…。…あ、あった、これこれ。部長に、お土産。」

瀧澤、
「まぁ…。いいのに、そんな~~。」

「それからっと~~。」
振り返って、
「はい。これ…課長。」

「え~~???」

そして、ひとりひとりに…。

「なんだ、おま…。みんな…ひとりひとりにあんのか…???」

そんな内海の声に、奈都美、
「うん。当然。なんでか…、みんなから…餞別、もらっちゃったから。」

内海、
「はぁ~~。何と、何と…。出来てるわ~~。」

そして、ひとりひとりにお土産を渡す奈都美、そして、それぞれが、
「私も…???」
「おやおや。」
「そんな…いいのに~~。」

そして奈都美、
「はい、これ、ユッコ。そしてカンちゃん。」

ユッコと呼ばれた女性、そしてカンちゃんと呼ばれた女性も、
「キッャハハハ、ありがと。」
「サ~~ンキュ~~。」

「そして…、これが~~。翔(かける)~~。」

翔と呼ばれた男性、
「おっと~~。ゲット~~。サ~ンキュッ。」

奈都美、
「ふふ…。」
そして、
「…と、これで…全部…で…。」
その時、
「へっ…???」
翔の隣にいる男性を見て奈都美、
「あ…、あのぉ~~。…ん…???」
頭の中で、
「…さっき…廊下でぶつかった人…。」

その時、内海、
「あ~~。七瀬、ははは、スマン、スマン。彼な、新入りだ。」

奈都美、
「へっ…???…新入…社員…???」

内海、椅子から立ち上がって、
「おまえが、鹿児島に行った、次の、次にここに配属された。…尾田伸永(おだのぶなが)君だ。」

その瞬間、奈都美、
「え゛っ!!!おだのぶながっ!!!…あの…、おだのぶなが…???」

内海、
「かかかかか。はは。や~~っぱり、言うと思った。」

その瞬間、他のスタッフも…、
「ほ~~れみろ~~。かかかか。」

内海、
「七瀬~~。よ~く見てみろ、ネームプレート~~。」

その声に奈都美、
「へっ…???ネームプレート…。」
その男性まで近づいて。

男性、奈都美にペコリと、
「おだ、のぶながと言います。よろしくお願いします。」

奈都美、
「尾田…伸永…。へぇ~~~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

 

 

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋