おはようございます。

昨日のNY株式市場は続落。節目の28,000ドルや経済対策の不透明感を重石に27,668ドル(-176)まで下落すると、昼過ぎには27,800ドル台半ばまで持ち直したものの、引けにかけては売り直される展開に。個別では、ウォルマートが決算を嫌気されて売られた他、小売り関連が軟調に推移。ナスダックはアマゾン、グーグル、テスラが買われて連日で最高値を更新。日経先物はドル円の軟勢に追随して小幅安で夜間の取引を終了。

NYダウ 27,778ドル -66、ナスダック 11,210p +81
米10年債利回り 0.670% -0.013、為替  105.42円/ドル
NY原油 42.89 +0.00、日経先物 23,040円 -20

big (17)

□ 本日の展望 : 模様眺め ± ドル円
「閑散に売りなし」を地で行く動意の乏しい流れが本線。引き続き、ドル円に呼応した先物主導のブレには警戒。
想定レンジは23,900~23,200円。寄り前の6月機械受注は無風通過が本線。


★ 本日の戦略 : ドル円を睨みの押し目買い!
日経先物に対して先行指標性を高めているドル円の軟勢に注意しながら、ワクチン開発による景気回復期待や過剰流動性を背景とする世界的な好需給に順じた強気スタンスを継続。

全体戦略としては22,700~23,000円レンジを底値圏と想定した押し目買い、個別に関しては流動性高めの好トレンド銘柄主体のポジショニングを意識。※ 近似テクニカル銘柄の増やし過ぎはNG。

☆ 4563 アンジェス
8/4 + 8/7 ≒ 1,495円 → 8/18 1,661円 +166 11.1%上昇
参戦事由とした「8月からの外資勢の新興回帰」、8/11の大幅高後の買い直し事由とした「決算シーズン終了後の物色の正常化」が順調に経過しつつあります。

big (12)
2,000円超えに向けては 8/11に公表した「厚生労働省の新型コロナワクチン生産体制等緊急整備事業への採択」以上のインパクトのある材料が必要となりそうですが、仕込み値から20%高水準の1,800円付近までの上昇であれば、上記のような内部需給のみでも達成可能と判断。会員サークルでは、本日も調整局面はターゲットプライスまでを丁寧に買い直す予定です。

『 全体の俯瞰に集中しながら、勝負どころを模索する!』

では 本日もよろしくお願いします。

         


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村      

★ 本日からの新主力銘柄

決算やテクニカルなどボトムアップ的なアプローチでも優位性は抜けていますが、背後需給やポジショニングなどトップダウン戦略でこそ生きてくる銘柄。

流れに乗るまではリスク高めとなりますが、☆ 4563 アンジェス、☆ 3990 UUUMがボラティリティの高さを生かした短期回転狙いに重点を置くのに対して、(比較的)マイルドな上昇波動狙いを本線としている背景から★ 主力銘柄として対応。

「強引な勝負での一発逆転狙いよりも、ミート率を重視して計画的に資産の底上げを計りたい!」方はまずは現値付近の打診買いへ!

8/11~20スタートコースのメンバーさん募集は今日まで!

     

4343aquab02-001

     


Source: ◆S教授!次はどの株買えば良いですか!?◆