ドキドキ 厨房に戻る雅樂。

洗い物をしている絃、
「ゆずちゃんの…。ふん。」

雅樂、
「おぅ。」

厨房に戻る翠に万美、
「ねね。ゆずの…???」

翠、
「うん。ほら、ユッキが仙台で、病院に…。」

「あ~~。」
そしてその席の様子を見ながら、
「…で、お父さん…、お母さん。」

「うん。」
「なんか、凄い若いお父さん、お母さん。」

翠、そんな万美に、
「うんうんうん。私もびっくりした。」
にこにこと。

その数分後、橙、自分の席に戻って。

尋音、
「へっ…良いの…???戻って…きて…???」

橙、
「はい。いいんです。3人とも、雅楽ってどういうところか、知っておきたくって…。」

そんな橙の顔を見て、焼き鳥を焼きながら雅樂、にこやかに。
そしてその3人の席を見て、またにこやかに。

そしてやがて、3人が、
「御馳走さまでした。」

雅樂、3人に丁寧にお辞儀をして…。

絃、
「ありがとうございました。」
そして会計を…。

父親、
「大将、ご馳走様。」
そして、
「ふんふん。良い店だ。」

雅樂、
「ありがとうございます。」

「また、寄せて頂きます。」

そんな父親を見て橙、
「おとうさん…。」

父親、
「じゃあな。」

蘭、会計を済ませて、
「ありがとう。御馳走様。ふふ。美味しかった。」

絃、
「ありがとうございます。またのお越し、お待ちしております。」
にっこりと。

そして3人はドアの外に。

尋音、
「ねね、絃、もしかして…、普通の…会計…???」
絃に小声で…。

絃、
「うん。だって、いくらゆずちゃんのお姉さん、ご両親でも、割引じゃあ、失礼だもん。あの雰囲気だと…。」

その声を聞いて万美、
「さっすが~~。看板娘。」

尋音、
「ふんふん。素晴らしい…。」

飛香、
「もしかして…。ゆずちゃんのご両親…。…偵察…かな…???」

そんな飛香の声に、一同、じろりと…睨んで…。

その視線に飛香…、思いっきり…困ったような笑顔で…、
「あ…、はははははははは…。」

けれども、雅樂、すぐににっこりと。
「飛香ちゃんに、座布団一枚っ!!!!よっ!!!」

その声に飛香、
「へっ…???」

翠、厨房で、
「かかかか。その通りだよ、飛香~~。」

その途端、飛香、胸を撫で下ろして、息を吐いて、
「お~~。びっくりした~~。怒られるかと…思った~~。かかかかか。」

隣の尋音、
「ふん。まっ、親としては……。」
と、そこまで声に出して、
「えっ…???なんで今…???ゆずの両親…???タイミング…が…???」

その瞬間、橙の顔を覗く、万美と尋音、そして飛香。

「あは…、ははははははは…。」
誤魔化そうとしながら笑う橙。

「ゆずが…お父さんにメールしたんだって…。ここの2階に住む考えでいるって…。ふふん。」
翠。

その瞬間、万美、
「はい…???」

尋音、
「わ~~お。」

「ま~~。私も…ユウマの両親には…会ってきて、しかも…母さんにも、ユウマ…紹介してるから…。タイミング…ずれて…も…いないけど…。」
厨房から翠。

暖簾を潜って、
「ただいま~~。」
薫郎。

万美、
「おっと~~。おかえり~~。」

薫郎、
「ふん。お疲れ~~。」

尋音、
「ねね、ユッキ。」

「ふん…???」
「今、さっき、ゆずのご両親とお姉さん…お店にいたの。」

その声に薫郎、
「うぇ…???」

万美、
「ふん。」
薫郎、翠を見て…。

翠、にっこりと、
「うん。お姉さんには…ユッキの事…仙台での…。お礼言っておいた。」

薫郎、
「おぅ、おぅ、おぅ。」
首を何度もコクリと。
「サンキュ。…なんだよな~~。俺…顔…1回しか見てないから…。」

翠、
「ゆずの両親。すんごいの…。」

薫郎、
「へっ…???」

万美、尋音、そして飛香も一緒に、
「若い!!!!」

その声に薫郎、変顔で、
「へぇ~~~~。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

《PR》
庄司紗千 つつじヶ丘の坂道で…。

※ご本人の承認の下、紹介させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋