昨日は、会員様と1:1のZoomご相談。

「今まで、異性との出会いに自信がなかったけれど、『僕んち』に通うようになって異性と自然に話せるようになった」

って、う~んいい!!

すごくいい!!

独身の方専用の会員制コミュニティスペース「僕んち」

は、本当にそういういことです。

初対面の相手とその場でマルバツを付け合うわけではなく、気軽で楽しい時間を何度か過ごしながら、少しづついい関係を築いていく出会いのシステム。

しょっぱなからいきなり飛ばそうとしなくても、何度かお越しになるうちに少しづつ慣れて行っていただけばオッケー。

なので、

初対面の相手との出会いの場が苦手な方には、本当にうってつけの出会いの場になります。

ただ、この方の場合は、昨日のブログにも書かせていただいた「苦手なりに一生懸命努力をなさる方」なので、だからこうしてスムーズにお話ができるようになったということ。

はじめは上手じゃなくても、どうにかしたいという思いと、相手に喜んでもらおうという優しさがあれば、初対面の相手とのコミュニケーションは上手になれるんです!

これから、いい出会いがあるように僕も一生懸命サポートいたします!

と、

会員様がそんな素敵なお話をなさっているのに、人でも殺めたような顔するな、お前は。

東京 結婚相談所Repre(リプレ)

考えてみればシンプルなことですが、婚活中の方がとかく忘れがちなこと。

 

自分が持っていないものを相手に求める時、

たとえば

歳が若くて綺麗な女性を求めたり、自分よりもはるかに収入が高い男性を求めたり。

そういった、自分が持っていないものを相手に求め、その相手と結婚をする方法というのは、一部例外はあるかもしれませんが、ほぼふたつのパターンに集約されます。

 

ひとつは、

自分も必死に努力して、相手と同じものを手に入れること。

男性が信じられないくらい若々しく素敵な見栄えになったり、女性が理想とする相手と同じかそれ以上の収入を得たり。

必死に努力して今の状態を抜け出し、理想とする相手と同じフィールドに立つことで、その相手と出会いいい関係を築くことはできるかもしれません。

 

もうひとつは、

相手が求めていて、相手は持っていないものを与えること。

若くて綺麗な女性が目を輝かせて近づいてくるような何かを与えたり、高収入で激務な男性が求めるサポートを徹底して行ったり。

相手が必要としていることをバッチリ与えて、あなたという存在が相手にとって大きなメリットになれば、相手の興味はあなたに注がれるかもしれません。

 

このふたつのパターン以外で、

自分が持っていないものを相手に求め、その相手と結婚をする方法というのは、スーパーミラクルな何かがない限りありえないでしょう。

これは、冷静に考えればいたって普通のことです。

 

ところが、

婚活をしている方の中で、これを割とサラッと忘れてしまう人がいます。

もしくは、

忘れてはいないのですが、自分の力を過信しているというか。

相手と同じフィールドにいると思い込んでいたり、相手に大きなメリットを与えていると勘違いをしていたり。

それをやってしまうと、婚活を頑張れど頑張れど結婚はできないでしょう。

今の時代、これだけ出会いのきかっけがあるので、自分が持っていないものを持っている異性とそこそこ出会えるきっかけがあったりします。

だから、なんとなく「ワンチャンあるんじゃね?」とか思ってしまう方もいるのですが、残念ながらないんですよ。

っていうか、ないでしょ?

 

今日のお話は、高望みはやめましょうみたいなことではありません。

これからの人生に期待を持って、夢を見るのはすごくいいことだと思います。

ただ、

自分にはできず、自分はやらず、ただ相手に求めているだけでは、結婚はできませんよということ。

あなたの願いを叶えたいと思っている人は、この世にはひとりもおりませんので、もしあなたの願いを相手に叶えてほしいのならば、相手があなたの願いを叶えたいって思うような、そんなあなたにならないといけないということ。

かなり難解な日本語なので、あと3回読み返してください。

 

今から、あなたが理想とするような相手と同じフィールドに立つのは、結構な時間と労力が必要なので、それはそれで難しいかも。

けれど、

相手が求めていることを知りにいき、それを全力で叶えにいくことならば、それはできるかもしれません。

それを全力でやって相手の願いを叶えたときに、相手もあなたの願いを叶えようと思ってくれる可能性が出てくるので。

そうなんです、これは絶対ではなく「可能性」です。

あなたが全力で相手の願いを叶えても、「さんきゅ~で~す」って去っていく可能性もあります。

相手の願いを叶えたから、必ず相手があなたの願いを叶えてくれるとは限りません。

でも、

何度も言うように、あなたが相手の願いを叶えない限り、相手はあなたに見向きもしませんので。

なので、

あなたから叶えに行かないと、あなたが持っていないものを相手に求め、その相手と結婚をする方法はないんです。

 

嫌でしょ?あなたも?

あなたの持っている魅力を狙って、ただそれを求めに来られたら、ウザいし怖いし失礼だし、そんな相手は嫌でしょ?

あなた、それと同じことやってたりしませんか?

「やっぱり子供が欲しいんで、若くてそこそこ見栄えがするような女性がいい」って、いいおじさんが言うのは自由ですが、あなたはその女性に何ができるのでしょうか?

「やっぱり最低でも500~600万はもらっていてほしいし、できればもうちょっと」って、年収300万の女性が言うのは自由ですが、あなたはその男性に何ができるのでしょうか?

 

できることはいろいろあると思いますが、それをまずはあなたから相手に与えているでしょうか?

与えることでふんぞり返ってしまって、相手が何を求めているのか知りに行っているでしょうか?

結婚相手に、自分が持っていないものを求めるのは悪いことではないし、理想を掲げるのも良いと思います。

ただ、

自分にはできず、自分はからはやらず、ただ相手に求めているだけってならないようにしましょうね、というお話でした。

 

 

 

 

 

Repre(リプレ)おすすめ情報

結婚を希望するあなたには、入会金無料・月会費無料で安心の出会いを

婚活に疲れてしまったあなたは、「僕んち」で楽しくて気軽な出会いを

 

 

先日の記事をご覧いただきたくさんのクリックをありがとうございました!続けてもらえるとすごく嬉しいです!
↓ ↓ ↓
クリックしていただけると嬉しいです!

 

 

【「僕んち」のLINEオフィシャルアカウントを作成いたしました。イベントのご予約や、僕へのご質問やご相談はお気軽にご連絡ください!】

PCでご覧いただいている方はこちらから

スマホでご覧いただいている方はこちらからご登録ください!

友だち追加

Copyright © 2020 Repre(リプレ)の婚活ブログ All Rights Reserved.

Source: Repreリプレの婚活ブログ