20200729_095447.jpg

6月下旬に注文したニトリのソファー、待つこと1ヶ月超、昨日届きました。

配達員さんが2人で来て搬入。
その場で足だけ付けて、設置していただきました。

見慣れないせいか、違和感ありまくりです。
安アパートで基本チープな家具の中、いかついソファーがドーーーンっと。

20200729_225121.jpg

まだ慣れないせいか、めっちゃ浮いているような気がします。
全身しまむらなのに、カバンだけGUCCIみたいな。
自分のセンスにかなり疑いを持ちました。

あと、今は灯油ストーブの目の前にあるので、冬場はレイアウト変更をしないといけません。

肝心の座り心地は、最高です!
しっかりと吸収感があり、ずっと座っていたくなります。
背もたれが高い点が、もたれかかることができて居心地がいい。

そして1人暮らしにも関わらず、敢えて3人掛けを選択。
普通に座ることはもちろん、寝転がったり、色々体制が変えられます。
昨日は気持ち良くて、昼寝してました。

モノ消費vsコト消費。

僕が目にする意見では、後者に重きを置く論が多く、実際僕もそっち派です。
スポーツクラブや旅行には、ぼちぼちお金を使っています。

しかし、モノ消費を見直すいいきっかけになりました。
気に入ったモノ(別に高くなくてもいい)を持つと、行動面、心理面で結構波及効果があります。

例えば、このソファーを無駄にしないためにも、部屋の掃除をマメにしようと思わせてくれます。
無意味にスマホをイジっていてはダメだと、少し気が引き締まる思いにもなります。

もう少し、モノ消費比率を上げてもいいかなと考えました。

と言うか、モノ・コトの区別ではなく、消費によっていかにいい感じのストーリーを紡ぎ出せるかが重要な気がします。
Source: Time is money  キムのお金日記