先日のブログ記事にて、サッポロ夏割でホテルを予約したと書きました。

その後、札幌市のスマイルクーポンや国のGo To トラベルの詳細も明らかになってきました。
超絶お得だったので、急遽別のホテルも予約して、2泊してきました。

新たに予約したのは、ホテルラフィナート札幌
ホテルHPから前日予約しました。

土曜日からの1泊朝食バイキング付で6,000円。
サッポロ夏割が適用され、自己負担は1,000円。

加えて、札幌市のスマイルクーポン3,000円分が貰えます。
このクーポンは、市内の飲食店等で幅広く使えます。
期限は9月末まで。
有名なラーメン・スープカレー店でも使えるし、一部ドン・キホーテ、セブンイレブンも対象になっていました。
転売も一瞬よぎりましたが、固く禁止すると書いているので、良心的にそこまではしないでおこうと思います。

さらに、国のGo To トラベルとの併用もできそう。
申請にて割引前の6,000円の35%、2,100円が還付になるっぽいですね。

以上整理すると、お金の動きは、6,000円(正規宿泊費)-5,000円(サッポロ夏割)-2,100円(Go To トラベル)=-1,100円。
1,100円貰って、朝食バイキング付のホテルに泊まり、3,000円分のクーポンまで貰えることになります。

チェックイン時に、3,000円分クーポンとGo To トラベル申請のための宿泊証明書をいただきました。

20200725_153249.jpg

サッポロ夏割のミニマムプランは、6,000円以上で5,000円の割引。
最もコスパが良くなる6,000円ジャストのホテルを選びましたが、部屋もそれなりの広さがあり、普通に快適に過ごすことができました。

20200725_151442.jpg

20200725_151552.jpg

ロビーにフリードリンクもあるので、15時~翌日10時までパソコンしたり、ベットで本を読んだり、テレビを見たりして、存分に引きこもってやりました。

無料の朝食バイキングも、思っていた以上に充実。
昼の分まで、しっかりと食べました。

20200726_073108.jpg

20200726_075400.jpg

もう1箇所は、従前から予約していたホテル法華クラブ札幌
1泊朝食バイキング付で、6,300円。
サッポロ夏割適用で、1,300円の自己負担。
このホテルは、クーポンは対象外。

領収書には、元値6,300円、補助金5,000円充当で1,300円になった旨の記載。
よってGo To 申請で、6,300円×35%=2,205円戻ってくると思われます。
1,300円-2,205円=-905円

クポーンは対象外ですが、こちらのホテルも905円いただき、泊まれることになろうかと。

ビジネスライクの前施設とは違い、純粋に泊まりたかったホテル。
部屋のラグジュアリー感が違います。

20200727_151350.jpg

20200727_151359.jpg

部屋とは別に、大浴場温泉もあるので、夕方、夜、翌朝とバッチリ3回入ってきました。

そして売りの朝食バイキング。
鰊そば、ザンギ、カニの茶碗蒸し、石狩汁、北海道クリームシチュー等、地元食もふんだん。
前日夜をおにぎりだけにして、2食分の爆食い。

20200728_073931.jpg

20200728_075755.jpg

デザートも上品で、贅沢感がありましたね。
スイカが食べられたのが、特によかった!

20200728_081010.jpg

以上2泊のまとめ。
現時点で確実に言えるのは、2,300円払って、ホテルに2泊して、それぞれ朝食バイキングも付いていた。
さらに3,000円分のクーポンをGETした。

そしてあわよくば(いや、おそらくぐらい?)、Go To で4,305円戻ってくる。

何かおかしなことなってますね。
ホテルに泊まったら泊まっただけ、お金が増える。

橘玲さんの本で読んだ、黄金の羽根を思い出しました。
「制度の歪みから構造的に発生する”幸運”。手に入れた者に大きな利益をもたらす。」と定義されていますが、まさにその通り。

クーポンの在庫も確認しつつ、あと何回か利用できたらと思います。

今年のオリンピックと甲子園が無くなってしまったので、利用できるものは徹底利用して、100分の1ぐらいは回収したいものです。
Source: Time is money  キムのお金日記