ドキドキ 「でも。でもでもでも。…これで、絃に彼氏が出来たら、た~~いへんだよ~~。ねっ、雅樂じぃ。」
翠。

雅樂、そんな翠に、
「うるせぇやぃ。」

寺崎、
「おやおや…。かかかか。確かに。看板娘に、彼氏じゃ…。かかか。大将、泣くに泣けないですよね~~。」

雅樂、照れるように、
「勘弁してくださいな、お客さ~~ん。」

流歌、
「なんか、好きになりたいおじいちゃん的~~。ふふ。」

薫郎、そんな流歌に、
「嬉しいね~~。ねっ、雅樂じぃ。」

雅樂、怒ったように、
「うるせぇ!!!えぃ、次のヤツ!!!」

薫郎、
「はいはい。」

雅樂、女性に、にっこりと。頭を撫でながら。

流歌、
「かっわいい~~。」

雅樂、
「けけけけけけ。」

そして…。
寺崎、流歌、万美に尋音、飛香に橙。そして巽。
店の外で、それぞれ、
「ごちそうさまでした。」

寺崎、
「さっきの店にしろ、ここにしろ、すっかりと、ごちそうになっちゃって。」

流歌、
「いいの、あんな料金で…???」

翠、
「うん。OK。ねっ、絃。」

絃、
「うん。大丈夫。」

「絃の出した数字に、雅樂じぃ、文句言わないから。…絃に会計は…まかせっきり。」

寺崎、
「ほぅ~~。」
そして絃を見て、
「うん。さすが、これだけの美人。確かに、客は…来るよね~~。」

絃、
「ありがとうございます。」
寺崎に丁寧にお辞儀をして。

流歌、翠に、
「みど。じゃっ。ふふ、期待…してる。」

翠、流歌に、
「うん。ありがと。また連絡する。」

万美、尋音、飛香、橙、
「じゃ。おやすみ~~。」

巽、
「ごちそうさまでした。」

翠、
「うん。気を付けて。おやすみ~~。」

みんなを見送り、そして翠、絃、
「へぇ~~。絃が芸能人と…。」
「私だって、びっくりだよ。」

そして翠と絃が、ドアを開け…。
「うわぉ。ユッキ。」

薫郎がいきなりドアから。

絃、
「どしたの…???」

薫郎、
「みんな…行った…???」

翠、
「まだ……。ほら…、あそ…。」

いきなり薫郎、
「ゆず~~~~。」

翠、絃、
「…???」

万美たち、歩きながら、
「へっ…???」

絃、
「どしたの…ユッキ…???」

翠、
「さぁ…???」

橙に駆け寄り薫郎、
「ほら。」

橙、
「へっ…???」

「おまえのバッグに付いていた仔馬のチャーム。床に、落ちてた。」
橙に差し出したチャーム。

橙、
「あっ。あ~~~~。ほんとだ。取れてる~~。ありがとう~~ユッキ~~。」

薫郎、
「うん。おまえ、大切にしてたから。」

橙、
「うん。へへ。私のお守り…。」

寺崎、
「へぇ~~。」

薫郎、
「じゃ。寺崎室長、流歌さん。元気で。」

寺崎、
「おぅ。ごちそうになった。かかか。これからも…大変だと思うけど、ユッキ。頼りにしてるぞ。」

「はい。よろしくお願いします。」

流歌、
「良かったね、ゆずちゃん。」
そして、
「ユッキ。ありがと。」
そして、小さな声で、
「ちゃ~~んと、守ってあげてよ~~。ふふ。」

薫郎、そんな流歌に、
「へっ…???」

流歌、
「じゃ、おやすみ。」

万美、尋音、飛香、
「おやすみ~~。」

巽も薫郎にお辞儀をして。

薫郎、
「おぅ。おやすみ。」

店に戻った薫郎に翠、
「どしたの…???」

薫郎、
「ん~~。落とし物。」

「落とし物…???」
絃を見て、翠。

絃、頭を傾げて、
「…???」

店のドアが開く。
雅樂、
「えぃ、らっしゃ~~い。」

絃、
「こんばんわ。」
入ってきた客に。

客、
「おぅ、絃~~。ども~~。」

歩きながら巽、橙に、
「おま…もり…???」

橙、
「うん。…仙台にいたとき、渚沙さんが買ってくれたの…これ…。」

巽、
「ふ~~~ん。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

《PR》
庄司紗千 花笠音頭

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋