コロナウィルスの影響で、会員を集めての業界団体の「法定業務

研修」もしばらくなかったのですが、今日久しぶりに開催されました。

密を避けてひろーい会場で2回に分けて実施されました。ポールさん

やちゃけうピーも同じ団体の会員なので、本当はいるはずなんだけど

前回の開催で受けたのかそれともサボったのかは不明です・・・。

 4月の民法改正で変わったことはいろんな雑誌や業界紙でも特集さ

れていましたのでほぼ、復習する意味で聞いていたのですが、先日狼

さんもブログで取り上げられていた、売買物件が土砂災害警戒区域内

に存することの説明を怠った業者への損害賠償請求が認められた事

例を参考判例として紹介されていましたw。

 おそらく東京や神奈川などには該当する地域がたくさんあると思われ

ますし、兵庫や広島県なども含め土砂災害警戒区域は全国至る所に

たくさん存在しているはずです。こんなの関係ないよ!!と気軽にチェック

を入れていると大変なことになりそうです。県のホームページを閲覧す

れば簡単に調べられますので手を抜いちゃーダメですね!!

 国土交通省では昨今の自然災害多発に伴い、ハザードマップによる

水害リスクに関する説明も宅建業者に義務付ける省令改正を目指して

いるとのことで、近いうちに浸水深さ等についても説明しないといけなく

なるとのことでしたw。

 ここ数年、やるべきことがどんどん増えてかなり負担になって来て

いる感じがしますが、国民の身体と生命を守る家を売っているわけで

すからこのぐらいは当然やるべきことなのだと思います・・・。

でも最近、家も全然売れないんですよねぇ~(泣)

 ということでいつものランキングボタンご協力いただけるととっても

うれしいです♪

Source: 吉川英一オフィシャルブログ-低位株・不動産投資で会社バイバイ、リタイアして毎日が日曜日。不動産業ブログ!