ドキドキ 万美、翠に寄りながら…、
「な…んだか、凄い事に…なってきちゃってたり…、しない…???」

そんな万美に翠も…。
「…う…うん…。」
変顔しながら、
「…確か…、出張のメインは…、ウチでは…ないと…思って…たん…だけど…。あはははは。」

「それにしても…、かっこいい~~。背は高いし、イケメンだし。」
頭を振りながら万美。

呉羽からふたりが紹介され、それに応えるスタッフたち。

そして、その場から寺崎も流歌も呉羽から案内されるように、
「逢坂さん。」
翠に向かって。

翠、
「あ…、はい。」

そのまま6人揃ってゲストルームに。

「うんうん。あれが…、噂に聞く、草島流歌…嬢…。」
尋音。

向かいの橙、
「…嬢…???」

「うん。室長の…寺崎さん…。あの人の姪っ子さんなんだって、草島さん。」

橙、その尋音の声に、
「へぇ~~~。」

「しかも…草島さん…。ロンドの社長に、めっちゃくちゃ、気に入られているって…。この前、みど、言ってた。」

「まっ。寺崎室長自体…、ロンドの豊橋真奈美社長のお姉さんの息子さん。その息子のお姉さんの娘さんが、草島流歌。社長に気に入られるっていうのは…、当然。しかも、仕事も出来れば、統率力もあると言う。」
万美。

橙、
「へぇ~~~~。」

「それによ、それに。」
こそこそと橙の左肩に左手を掛けて、向かい側の尋音に向けて、
「寺崎室長、実際は、副社長にもなれる人材だってのに、取締役のポストすら蹴ってるって…噂だから。凄い実力者。」

その話に尋音、
「う…、うそ。なんで…???」

万美、
「さぁ…???」
両肩をチョコンと。そして自分の前で両手を挙げて。
「つまりは…、取締役や、常務、専務たちの、お・め・つ・け・役…って、感じなんじゃ…。」

「ふ~~ん。そんなに凄いんだ、寺崎さん。」
「だ~~って。豊橋社長の旦那さんから寺崎室長、大学時代から経営のノウハウ、コテンパンに仕込まれたって話だから。外資系でね。」

そんな万美の顔を見て橙、
「ふ~~ん。」

「…んで、そろそろ良いだろうって、ロンドに送り込んだって…。」

尋音、
「ふ~~~ん…。」
そして、
「…ん…???万…、なんであんた、そんな情報…どっから…???」

その声に万美、
「ふん…???」
そして、右手を口に、
「おほほほほほほ。…って言うか、税よ、税。」

「へっ…???税…???シンガポールの…???」
目を真ん丸くして尋音。

「ふん。いやいや。凄いよ~~。幾ら前、海外にいても、もう…360°アンテナ…張り巡らせてる。どんな小さな情報でも、聞き逃さない。それに、自分で知らなくっても、そのリサーチ力…半端ない。数秒で、教えてくれる。しかも、物凄い、記憶力。かかかかか。」

その傍で橙、何度も、頭をコクリ、コクリ。

万美、そんな橙の顔を見て、
「…ん…???どした…ゆず…???」

いきなり両手を目の前で左右に振り橙、
「あっ、はははははは。なんでも…、はい。」
笑いながら、
「万美さんのフィアンセ…、凄い。はははは。」

「ふん…???はははは。当~~然。だから、絶対に、離さない。」
そして、
「ほぃ。仕事、仕事~~。」
後ろを振り向いて万美、
「あ。」
そしてまた橙に振り向いて、
「ゆず。」

橙、キョトンとして、
「は…、はい。」

「あんたも、掴んだら、絶対に、離すな。」

その声に目をパチクリさせて、
「あ。は…、はい…???」

振り返る万美。

橙、振り返って尋音を見て、
「…???」

尋音、口を真一文字に、コクリと頷いて。

橙…、顔を傾げて…、
「ふん…???」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

《PR》
庄司紗千 「雫音〜shizukune〜」

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋