悲しい思いや寂しい思いなんて・・・

その人間個人の受け止め方によっては大きな違いはある・・・

オレのさみしい悲しいと思う感覚と・・・

嫁のさみしい悲しいと思う感覚の違いという事だ・・・

嫁は今もはっきり覚えているというのだが小さい頃・・・

とても貧乏暮らしだった嫁の家は・・・

その貧乏暮らしの訳は母親に起因するところが大きい・・・

付き合ってる彼氏がよくかわり・・・

知らない人が家に来ることが多かったらしい・・・

それだけならまだいいが・・・

学校が早く終わって家に帰ると・・・

知りもしない男が家に居たりするのだ・・・

父親をしらない幼き頃の嫁は・・・

それは怖かったと話をする・・・

家に帰る事が出来ず・・・

近所の駄菓子屋の前に・・・

暗くなるまで母親を待つ事も少なくなかった・・・

10歳にも満たない子供の小さな心は・・・

そんな時・・・

どんな気持ちなんだろう・・・

心細くて・・・

心はつぶれそうで・・・

悲しくてたまらないだろうな・・・

そんな話を聞いてしまうと・・・

オレが嫁の母親を見る目が大きく変わってしまうし・・・

苦言のひとつも言ってしまいたい気持ちにもなる・・・

でもオレも大人だから・・・

何も聞いてないように振舞うけど・・・

実際は嫌いだな・・・

Source: バツイチアラフォーひとりで生きていけますか