amazonでは、「【正規輸入品】Oculus Go (オキュラスゴー) – 32 GB」と言うタイトルで販売されています。

僕は、VRで迫力ある動画が、どうしても見たくなってしまったので、amazonで買ってみることにしました。

amazonで買った【正規輸入品】Oculus Go (オキュラスゴー) – 32 GBの概略

Oculus Go (オキュラスゴー)本体以外の付属品は説明書、コントローラー、単三電池1本、充電用のケーブルが1本入っています。

 

そこそこ、重い感じです。軽くはないです。簡易的なVRと比べたら、いかにもVRって感じです。

 

 

 

 

 

 

 

実際に試した感想

結構、使い込みました。なんせ、当時は19,000円で購入してVRを見ていたのですから。

 

初期設定はスマホが必要です。スマホで指定されたアプリをインストールします。指定のアプリをインストールできたら、Oculus Go (オキュラスゴー)本体を認識してくれるので、VR初心者でも説明書を見ながらだと、できると思います。

 

いきなり、VRを見ることはできません。このように、スマホでアプリをインストールしないといけません。Oculus Go (オキュラスゴー)本体の中でも、見たい動画に合ったアプリをインストールしないといけません。

 

簡易的なスマホを差し込むVRではなく、Oculus Go (オキュラスゴー)はアプリをインストールして楽しむものです。没入感はあります。圧迫感もあります。迫力もあります。安いVRと違って視野が広いというか、全体的に画面が広がって見えます。

 

昼間でも、まるで、映画館に来ているような感覚が味わえます。Oculus Go (オキュラスゴー)を楽しんだ後にOculus Go (オキュラスゴー)を取り外したら、まるで映画館から出たような開放感が味わえました。それほど、没入感に浸れるという感じなのです。

 

ただ、個人的な感想を付け加えると、画面全体が、ややぼやけています。くっきりしているようで、くっきりしていないような感じです。もっとクリアな画像だともう、完璧なVRだと言いたいです。

補足

僕は、何度か簡易的なVRを買ってきました。簡易的なVRと言うのは、VRにスマホを差し込んで見るVRです。迫力に欠けるので、本格的なVRが試したくなって、今回、Oculus Go (オキュラスゴー)を購入しました。

 

本格的なVRの中では比較的安い方ですし、それなりに、楽しめました。やや、ぼやけているのが、少々気になるところではありますが、それでも、没入感、迫力は、スマホを差し込むVRとは段違いです。

まとめ

以上で、amazonで買ったOculus Go (オキュラスゴー) 32GBを試したレビューを書きましたが、いかがでしたでしょう。

 

Oculus Go (オキュラスゴー)は、迫力も味わえますし、没入感もありますし、作品の世界観に浸ることができます。

 

Oculus Go (オキュラスゴー)を取り外した後、まるで映画館で映画を楽しんでいたような気分が味わえました。

 

個人的には、画面全体が、ややぼやけているのが少々気になるところではありましたが、それでも、迫力や没入感の強さを比べると、見ているうちに、だんだんと大きくは気にならなくなってくると思います。

 

本格的なVRを試したいのであればOculus Go (オキュラスゴー) 32GBは、ありだと感じます。

Oculus Go (オキュラスゴー) 32GBをamazonで買ってみたはブログ、1000万円以上の借金うつ病40代で自己破産した体験談ブログに掲載された記事です。

Source: 1000万円以上滞納したうつ病の一人暮らし自己破産した僕の借金体験談