ドキドキ 万美の、その声を聞いて翠、
「う…ん…。どうなっちゃうのよ~~って…、言われても…。私も…、それ言われると…、困るんだけ…ど~~。」

万美、
「やだよ、私…、みどとユッキ、別れるの~~。」
少し、涙目になる万美。そして、だんだん、鼻水を啜る音。
「みど~~~。もぅ~~。」

翠、
「ん~~~。」

万美、涙声になって…。
「確かに…。」
唇を尖らせて、
「確かに、ユウマ…みどの初恋…なんだけど~~。」

翠、低い声で、
「…うん。」

「私は、ユッキとみどが、別れるなんて、絶対や!!!!」
そしていきなり通話が切れる。

翠、
「へっ…???おぃ、おぃおぃ、万~~~。」

自分の方から通話を切って、そのままベッドにバンの万美、
「わ―――――――――っ!!!!」

翠、
「切れちゃったよ。…ったく~~。」
その瞬間、
「あっ…。」
スマホの画面の…今度は、尋音の履歴…。
右目を瞑って、そして、左手で、左半分の顔を覆って、
「ち…、ちと…、マジィか…???」
一旦は…躊躇するが…、
「でもな~~。」
そして、
「あ~~~ん、もう。」
指を当てて、いきなり、
「ツー、ツー。」
一瞬、気が緩む翠。
「お話…中…。ふぅ…。」

そして立ち上がり、思いっきり、体を伸ばし、窓の前で、深呼吸。
いきなり着信。
「わぁ!!!びっくり…。」
そして、画面を見て、
「とほほほほ…、やっぱ…、来たよ。はい、私~~。」

スマホの向こう、尋音、
「あい、私~~。」

翠、
「あの…さっ。」

ドアのチャイムの音。
そしてドアをノックする音、
「ゆず、ゆず…???」

まだパジャマ姿の橙。カフェオレを飲みながら、
「あっ。巽…。」

ドアを開けて橙、巽の顔に、
「おはよ。」

巽、
「おはよ。ご飯は…???」

橙、
「ううん…。今…カフェオレ…、飲んでた。」

「おぅ。」
そしてトレイの上のメニューを。

橙、
「うん。おいしそ。」

巽、
「食べよ。」

「うん。」

巽の作ったメニューを食べながら橙、
「おいし。」

巽、
「うん。」

そのまま、黙り込むふたり。

すっかり食べ終わって橙。
「ごちそうさま…。でした。」
そして、ベッドに凭れるように、体育座りになって。

「巽~~。」

巽、
「ん~~???」

「チーフの事…、頼むね。」

その声に巽、
「えっ…???」

「逢坂…翠。すんごい、良い人。」
「……。」

「でもさ…。」
「…ん…???」

「チーフには…、杉浦…薫郎と言う…現在…同棲中の…男性がいる。」

巽、橙の顔を見て、
「……。」

橙、
「へへ…。私なんて、チーフになんて…、全く…敵わないよ。全然。」
体育座りの脚に両腕を回して、その両腕の中に顔を埋めるように、
「チーフとユッキが…。これから、どうなるのか…、分かんない…。けど…。」

すぐさま巽、
「ユッキ…???」

橙、
「うん。杉浦薫郎、通称、ユッキ。会社の人はみんな、そう言ってる。」

「そ…っか…。」

顔を埋めながら橙、
「私…。」

「…ん…???」

「私…、巽に…負んぶに抱っこだったよね…。」
震える声で…。

いきなり巽、
「えっ…???」

「ごめんね、巽~~。私…巽に…、なん~~にも…できなくって…。」

巽、
「ゆず~~。」

橙、静かに続ける。
「だから…。はぁ…、だから…。巽に、好きって言ってもらえなかったもん。…はぁ~~。私は、いっつも、巽の事は…好きって…。だから…。」

巽、いきなり橙の傍に寄り、橙を抱きしめる。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

《PR》
庄司紗千 海をこえて

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋