↑これポチってもおサルバナーと同じ効果って知ってました?w

こんにちは。

月曜のブログや先週のセミナーで発覚した「ポチする場所どこ?問題」。。。(ってかポチバナーのおサルが「じろーくん(ラーメン二郎に由来)」だと言うのも知らない人が多いなんてこのブログの読者層って気が付かないうちにめちゃめちゃ変わってたんですね。。。w)

結局「拍手ボタン」「ポチボタン」だと勘違いしてる人が圧倒的多数派だったことがわかり早速問題の「拍手ボタン」を撤去致しました。。。(これだけブログのファンがいながらこのポチ数って絶対おかしいだろって理由がわかりやる気も出て来ましたw)

そんなやる気の出来て来たワタクシですが、
ここ最近気が付いたことがあるので今日はそれを書きます。

実は最近、とある売り物件を頼まれたので早速広告作ってレインズに載せたのですが、言うまでもなくワタクシの基本的な販売方針は「無慈悲なまでの高値」。。(えぇ、、物件は一つですからその一つを一番高く買う人に売りたいのでございますw)

かと言ってバカみたいな高値で載せると電話も鳴りませんから「途中でバタバタ脱落するも最後の一人が指一本でギリギリ登って来て諸費用がギリギリ足りないので親戚縁者を駆けずり回って金をかき集めてギリギリ買いたいって思う売値」で設定するのですが

今回はなぜかレインズに載せてわずか10分でその物件への問い合わせで電話回線が一気に塞がりワタクシとエスパー君はジャンジャン掛かって来る電話に右往左往してしまいました。(えぇ、、感覚的に言えば数年前のサンタメ全盛期の様相です)

一瞬、ワタクシ「ギャー!!もしかしてこれって値付け間違いやらかしちゃいました?ww」と思ったのですがかかって来る電話の話を聞いてみるとどうもある一定条件を満たすとその物件は一気に値が上がる物件に変貌を遂げるんだそうです。。(この物件もその条件を偶然満たしているので特需的に電話がガン鳴りした模様。。。)

さて、そんな話を聞いて、思い出すのが先日ラクマチで書かれてたこの記事。。。
「自己破産者100人超か、フラット35「なんちゃって」の闇」

投資用マンションを実需用マンションだと偽ってフラット35の融資を申し込み低い金利で投資物件を買う「なんちゃってローン」なんてのは10年以上前から代々伝わる伝統芸能ですので何を今さらって気もしますがこの「なんちゃって」は自宅(その買ったマンションです)に送付する金融機関からの転送不要のお手紙を無事に受け取ることで「めくられない」と言う過信がありました。(「なになに?この「めくられる」って?」、、と言う方、、このくらいは不動産基礎用語ですので早速ググってください)

転送不要の郵便ですのでそこに所有者が住まずに賃貸なんかに出してると受け取る人がいなくなってしまいそこで「なんだよ、、住宅ローンで貸したのに違う人間に貸して家賃貰ってんじゃん」と投資目的がバレてしまい(これをめくられると言います)融資の約定違反で強制的に繰り上げ返済となり売ろうにも実際のマーケット価格の2倍くらいで買ってますので売却して一括返済したところで残債が残ってしまい自己破産に追いやられるというケースに陥ってしまうわけです。

ちょっと前であればこの転送用郵便を受け取る別ポスト(大抵の場合は賃借人のネームプレートに小さく持ち主の苗字を入れて置きそれもポストに投函されて管理やってる売った会社の管理会社が回収するなんて方法でめくられを防止してました)で凌いだり、融資担当者が黙認する(ま、返済が滞っているわけじゃねーし、みんなやってることだし、これが無かったら融資残高伸ばせねーし)ことでやりたい放題出来てたわけで「このパンドラの箱を開けたらどうなるか?」なんて話はこのブログの古い過去ログを漁ればあちこちに登場する話でもあります。(「この箱開けたらエライことになるから絶対開けないよね」って言われていた都市伝説みたいなものですw)

そのパンドラの箱を開けてしまったわけですから機構としても国民の血税集めて貸した金だけに見過ごすわけにもいかず自己保身的な意味合いでも「契約違反なので残債の一括返済ですね」って言うしかありません。(間違っても返済が滞っているわけじゃねーし、みんなやってることだし、これが無かったら融資残高伸ばせねーしと開き直るわけには参りませんw)

また最近めくれちゃった案件では二重売契以外に無茶なリフォームローンまで組ませたりワタクシの及び知らないサブリーススキーム(ラクマチ読みましたがここまでボッタくるスキームは知りませんでしたw)でワタクシが知る時代のなんちゃってスキームもかなり凶暴化を遂げております。(そう思うとワタクシの知ってる時代のなんちゃってスキームってあれでも激甘設定だったんですねwww)

さて、本題に戻ります。。
昔ワタクシのブログを読んで「新築区分を掴まされて困ってます」って相談がひっきりなしに入ってましたが、あの時ワタクシは別のスキームを考えてなんとな売り抜けられないかを模索してました。

ただ、思ったようにその物件を欲しがる地主さん現れず(地主の近所の物件なので欲しがらねーかなと思ったのですが「一部屋じゃなく建物一棟丸ごとでなら買うけどなー」って地主が多すぎて不発に終わってしまいました)この計画は現在お蔵入りしておりますがあの当時のまま物件を保有し続けてる人って現在どのくらいいらっしゃるんでしょうか?

実は現在、様々な事情でこの「ワタクシの知ってる時代のなんちゃってスキーム時代」の物件であれば絶賛確変モード中で少なくとも買った時の値段以上で売れるケースが続出しております。

そこでそんな物件かどうかの条件を書いてしまうと各方面に迷惑も掛かるので詳細な条件は書けませんが
①物件が都内近郊(東京、神奈川、千葉、埼玉)
②築20年くらいまで(ま、それ以上の高齢物件は中古で買ってるはずなので除外)

の条件を満たしてる物件を持てって「持ってても儲からないから売れないかな」と思ってる方がいましたらこのコメント欄かメールでご一報ください。(細かい条件がありますが築20年くらいまでの分譲区分物件であれば大抵条件を満たしてるんじゃないかと思います)

その際に、物件名称だけ入れてくれたら条件に当てはまってるか否かをお返事します。(なので連絡先も書いておいてください)

と言ってもこの話、、
すでにあちこちの業者さんがDMや訪問等で「貴方のマンション高く売れますよ」なんて自宅まで来てるんじゃないかと思います。(あれは買った客リストや一棟丸ごと謄本あげて住所を調べて飛んでくるものです)

いつまで続くかわからないチャンスタイムな話なのでどこの業者さんも必死にブツ上げしてるはずなのでその提示額とワタクシが見た査定がどのくらい開きがあるか?なんてのが知りたい人がいるようでしたらご一報ください。(2000~3000レベルでも300~500くらい違うのはすでに確認しております)

ただあれです、、
このブログの読者層がホントにガラッと変わってしまってるようなので対象になりそうな人ってもうこのブログ読んでないんだろうなー。。。(今日のブログネタがちょっと思わせぶりでボカした書き方になってるのは対象者がまったくいないのにブログで吠えて企画倒れになるのが嫌だって部分によるものですw)


正直、俺様の名前を知らないなんてモグリも同然なんじゃんw
Source: 狼旅団の地下に潜った不動産ブログ(開店準備中