ドキドキ 客室乗務員と橙、そして蘭の4人で出口の傍の空席に運び込まれた薫郎。
未だに辛い表情。そして、下腹部を押さえたまま。

客室乗務員の沙奈香、
「私たち、看てますので、お席の方に、どうぞ。」

蘭、
「ありがとうございます。ゆず…。」

橙、客室乗務員に丁寧にお辞儀をして、
「ありがとうございます。仙台まで、あと、少しですね。」

蘭、橙の右肩をトントンと…。
橙、自分の席の窓際に…。

蘭、
「…一緒に…いい…???」

「うん。…ありがと。蘭姉ちゃん。」
「ううん…。何…、仕事…???」

そんな蘭に橙、
「うん。仙台の…新しい取引先に、ご挨拶。」

蘭、
「ふ~~ん。」
そして、
「アンジェリーナ、ジェシカだっけ…、ゆずの会社…???」

「うん。」
「そっか…。」

「おねえちゃんも…仕事…???」

そんな橙に蘭、
「あったりまえでしょ。こんな格好で、バカンスに見える…???しかも…目的地は仙台よ。」

「ふ~~ん。」
そして、
「忙しい…???」

「ふん。まぁまぁ…。」

その時、アナウンス。

蘭、
「おっ。」

橙、
「うん。」

ふたりぶんの鞄を持って橙。蘭と一緒に前の出口に…。

窓の外を見て蘭、
「さっすが、対応早い。しっかりと…担架。」

沙奈香、
「お待たせしました。ドアが開き次第…、運びましょう。」

蘭、
「はい。ありがとうございます。」

担架に薫郎。

蘭、沙奈香と、もうひとりの客室乗務員にお辞儀をして、
「ありがとうございました。」
そしてバッグからサッと名刺を出して、
「私…こういうものです。」

沙奈香、
「はぁ…。」
そして、名刺を見て、
「週刊誌…シャンディア…、久留須(くるす)…蘭。」

既に担架の中の薫郎に付きっ切りの橙。

沙奈香、頭を下げて、
「お大事に。」

そんな客室乗務員に蘭、笑顔でコクリと。
橙も歩きながらお辞儀をして。

橙、
「蘭姉ちゃん。」

蘭、
「うん。わたしも一緒に…。はは、あんたひとりじゃ、心細いでしょ。」

そんな姉に橙、頬を赤らませて、舌を出して、
「うん。へへ。ありがと。」

蘭、
「あの…、すみません。どこの…病院…???」
救急隊に…。

「北原病院になります。もう既に連絡してありますから…。」
救急隊。

蘭、
「ありがとうございます。ゆず、あんた、このまま救急車で病院行って。私…、タクシーで向かうから。」

橙、
「うん。分かった。」

そして蘭、バッグからスマホを出してポン。相手が出る。
「お世話様です。週刊シャンディアの久留須…と申します。11時でお約束していた田島川社長とのインタビューなんですが…。緊急事態が発生して、遅れると…田島川専務に、伝言、お願いしたいんですけど…。」

その話を聞いて橙、
「へっ…???」

蘭、
「あ~~、はい。あっ…、わざわざすみません。」

橙、
「蘭姉ちゃん…???」

蘭、橙の顔を見て、
「ふん…???」
そして、
「あっ、田島川専務。…申し訳ありません。…もう…仙台には着いたんですけど…。ちょっと…緊急事態に巻き込まれまして…。それほど時間は…掛からないかと…思いますが…、お約束の時間には…遅れるかと…。後ほど、また…ご連絡いたしますけど…。これから…病院に…。……。いえいえ。私ではないんですけど…。」

そうしながらも、目の前は仙台駅の入り口。

蘭、
「ありがとうございます。それでは…。」
そして、
「ゆず、私、タクシーで追いかける。」

橙、
「うん。蘭姉ちゃん、ありがと。」

蘭、橙に手を振り、足早にタクシー乗り場に。

救急車に乗り込む橙、
「すみません。お願いします。」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 

 

《PR》
庄司紗千 海をこえて

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

 

 

Source: THMIS mama “お洒落の小部屋