20181220113027707_20200415165658460.png

「福岡は可愛い子が多い」と言う話をよく聞きます。

本当でしょうか?

福岡に10年間住んで、今は福岡を離れてその他の地域にも住んだ経験から話してみたいと思います。
なお、あくまでも主観的な感想であることをご承知おきください。

結論から言うと、福岡に特段可愛い子が多いとは感じません。

福岡に引っ越した時に、「うわ、めっちゃ可愛い子多いやん」とは思いませんでした。
福岡から札幌に引っ越して、「やっぱり福岡ってレベル高かったんや」とも思いません。
また旅行等で全国に行くことがありますが、明確に福岡が勝っていると感じることもありませんでした。

日本人の顔なんて、沖縄と鹿児島の離島の除くと違いがありません。
その中で特定の県だけ、明らかに可愛い子が多いなんてあり得ないと思います。

じゃあなんで、「福岡は可愛い子が多い」とみんな言うんでしょうか?

僕の分析では、旅行者が行くのが可愛い子が集まるような繁華街が多く、さらに福岡=美人と言うステレオタイプが重なるからです。

福岡市の繁華街と言えば、博多駅と天神ですが、訪れる人の多くがこのエリア中心に行動するはず。
博多駅・天神は、オシャレな服屋とかカフェとかあるので、当たり前ですが地元の可愛い子も集まってきます。
一方地元のブスな子は家で漫画でも読んでいるので、博多駅・天神エリアは、福岡県の均した美人率よりも高い数値になります。
旅行者が認識している自分の県の美人率は均したものですから、福岡>自分の県となって当たり前です。

ただこれだと、旅行した場所の美人率が総じて高くなります。
なぜ福岡がこれほど言われるかは、福岡=美人と言うステレオタイプに依るものではないでしょうか。

そういうイメージがあるから、期待して福岡に来る→顔に注目する→必然的に美人率の高い天神に来て「やっぱり福岡は可愛い子が多い」と認識する→周りに言いふらす

以上の流れになっていると推測します。

僕は先日、美人率ではあまり評判のよろしくない名古屋に行きました。
繁華街の栄や名駅を中心に行動したのですが、可愛い子が多い印象を受けました。
均した福岡よりも間違いなく上です。
でも名古屋=美人というイメージはなく、はっきりとした確証もないので、「名古屋の女の子は可愛いぞ」とはなりません。
逆に初めて福岡に言って、そう感じたら「やっぱり可愛かったわ」とTwitterでつぶやいていたことでしょう。

しかしこれだけ言われるってことは、多少はそういう傾向があるのかもしれません。
偏差値55まで行かないことは確実ですが、まあ52ぐらいは行ってる可能性はあります。

ただそもそも、可愛い子が多いとかいう発想がほんまにゲスいですね。
新人研修の時も、同期の女の子の可愛い子ランキングとかつけるのが毎年恒例になっているらしく、辟易した記憶があります。

頑張っている全ての女性は美しい

みんなにも、僕みたいなこういう発想を持っていただきたいものです。
Source: Time is money  キムのお金日記