緊急事態宣言のテレワークは、働く人へ言っても意味がないので、企業のトップに直接言えばいいのに。

なーんて言うのを、今日の朝もぼちぼち電車は混んでいるというツイートを見ていて思ったり思わなかったり。

思ったり思わなかったりっていう時は、だいたい思いっきり思っているということ。

東京 結婚相談所 Repre(リプレ)
コロナウィルスが原因で出会いがないとか、

コロナウィルスが原因で会うことができないとか、

そんなお話を聞きまくっています。

 

うまくいかないのは分かるのですが、

うまくいかないからジッとしていても何も変わらないし、昨日もお伝えしましたが、ジッとしていてやり過ごしたところで元の生活には戻らないのも分かっていることだし、「この状況でどうするか」というのを考えて実行していかないといけないわけです。

 

ただ、

「わけです」って言っているだけなのもアレなので、今日はみなさんにちょっとヒントを。

 

「こんな状況でどう出会っているのか」

というのを、方々聞いてまわってみましたので、みなさんの中で取り入れられるところがあればぜひ!!

 

まずは、「どう出会うか」というパターンですが、

さすがにこのご時世、婚活パーティーへの参加はおすすめできないかと。

参加はおすすめできないのもあるのですが、それよりも何よりも婚活パーティーの会社が、「え?コロナウィルスってなんですか?」ばりに、なんのケアもせずにシラーっと開催をしているのが一番の問題で。

「閉ざされた空間で」「みんなが近くに集まって」「ワイワイ喋り合う」

という、三密の三冠王みたいなことをやっているのに、それでもウェブサイトにコロナの「コ」の字も出さずにシラっと開催していることが、いくらなんでも厚顔無恥という感じ。

でも、そういうアホは世の中に常にいるもので、そこに流されずにどう対応するかが良識というものだと思いますので、良識のあるみなさんにお話をしたいと思います。

 

結婚相談所のお見合いも、三密ではない状況で開催をすることはできますが、会場までくることのリスク、三密ではないながらも環境のリスクなんかもあったりするので、必ずしもベストではないかと。

ただ、

そんな状況ではありますので、最近はオンラインを使ったお見合いなども推奨されております。

「やったことないから」というところで停止してしまうのと、

「やったことないけどチャレンジしてみよう」と動き出すのとでは、

コロナウィルスが終息した後でも元の生活には戻らないということを前提とした時に、まずはチャレンジをしていく人が、今の状況でも、コロナウィルスが終息した後にも、周りの人よりも一歩先に進めると思います。

みんなが無理無理言って停止しちゃっている中で、Zoomとか使ってサクサクお見合いできるのですから、そんな楽チンな差別化はないですよね。

 

そうなると、やっぱりメインになってくるのはマッチングアプリかと思います。

これはもう出合い放題ですし、みんな家にいてヒマなので検索とかもしまくっているし。

今までマッチングアプリを使っていなかった方も、新しく参入をしていることもありますので、これは活用しない手はないかと思います。

ただ、

もしマッチングをしても、その後に会えないから仕方ないとか、またやる前からできない理由を考えちゃっているつまんない人もたくさんいらっしゃるので、

「出会った相手とどうコミュニケーションを深めるか」というパターンもお伝えしましょう。

 

まず、誰でもすぐにできるのは上記でもあった

ZoomやSkypeなどを使ったオンラインでのコミュニケーション

これはできるかできないかで言えば、必ず誰でもできるので、あとはやるかやらないかだけのこと。

婚活などの出合いに限らず、世の中がこっちに振れてきていますので、「やったことない」とか理由にならないことを理由にしていないで、どんどんチャレンジをしてみたらいいと思います。

 

さらに超基本的なことで、

毎晩1回だけ電話をする

なんていう方もいらっしゃり、仕事も在宅かもしくは時短で、家にいる時間が長いので電話も繋がりやすい。

毎晩5分か10分たわいもない話をするだけなのだそうですが、習慣になると結構楽しいらしいです。

会ってはいないながらも、繋がっている感はしっかりあるそうですよ。

 

あとは、

ウォーキング(ランニング)でお互いの中間地点まで行って乾杯

これ、結構楽しそう!

お互いにおおよその中間地点を決めて、どういうルートで行くかも相談して、そこに向かって歩き出す。

歩きながらもLineでコミュニケーションを取り、お互いが近づいたらどんどん居場所を伝え合い、見事会えた時にはかなり嬉しいらしいです。

で、ジュースで乾杯をしながら、10分くらいお話をしたりすると、共通のミッションをクリアした同志的な感じで、達成感とともに親近感も湧くんだとか。

三密を避ければ、適度に身体を動かす外出は良いと安倍ちゃん(第98代内閣総理大臣)も言っていましたので、これはすごくオススメ。

距離が遠ければ、サイクリングなどでも良いかと。

ほら、そこでまたすぐに「自転車持ってない」とか、チャレンジもしないで諦める人がいますが、今は首都圏のほとんどで登録も利用も簡単なレンタサイクルはありますから。

まずは「やってみよう→やるためにどうしよう」の思考を身につけてくださいね!

 

さらに、ちょっとお金かけるバージョンだですが、

普段は絶対に使わないけどオープンカーを借りて軽くドライブ

これも、実際になさっている会員様がいらっしゃるのですが、カーシェアとかレンタカーで、普段だったら絶対に借りないようなゴリゴリのオープンカーを借りて、密室にならないようなケアをしながらのドライブ。

こういう非日常な状態だからこそ、非日常なことをやってみるという、なんとも前向きなアイデア。

これ、お天気のい良い日とかにやったら、絶対に楽しいと思います。

車も安全とは言えないので、除菌などはしっかりしてから乗りましょうね。

再度お伝えになりますが、非常事態宣言は出ておりますが、三密にならないことを前提にお出かけをすることは、国もオッケーと言っておりますので。

 

コロナウィルスで外出自粛→なので会えない→から婚活できない

みたいに、何の工夫もなく、何のチャレンジもせずに思考停止をするのではなく、

コロナウィルスで外出自粛→その状況でどうコミュニケーションをとって→いい関係を築くか

という風に、どんどん考えて実行していく人がいます。

 

もちろん、

人それぞれお仕事も生活背景も環境が違うので、上記の例をみなさんやってくださいということではなく、置かれた環境のなかでどう動いていくかを考えて実行するのが大事ということ。

できないってすぐに言っちゃう人は、なにかひっかかりがあればすぐに「できない」にしちゃうので、コロナが終息しようがしなかろうが、また「できない」の項目を作り上げていくのでしょう。

そういう人ってなかなか結婚するのは難しいのですよね。

そうじゃなくて、「ならばどうしよう」をいつも考えて行動していきましょうね!!

 

「こんな感じの出会い方は良さそうよ」

「こんな感じでコミュニケーションをとっているよ」

なんていうアイデアがあったら、こちらのブログや、僕のTwitterなどで共有していきますので、ぜひ教えてください!!

 

 

 

 

Repre(リプレ)おすすめ情報

結婚を希望するあなたには、入会金無料・月会費無料で安心の出会いを

婚活に疲れてしまったあなたは、「僕んち」で楽しくて気軽な出会いを

 

 

先日の記事をご覧いただきたくさんのクリックをありがとうございました!続けてもらえるとすごく嬉しいです!
↓ ↓ ↓
クリックしていただけると嬉しいです!

 

 

【「僕んち」のLINEオフィシャルアカウントを作成いたしました。イベントのご予約や、僕へのご質問やご相談はお気軽にご連絡ください!】

PCでご覧いただいている方はこちらから

スマホでご覧いただいている方はこちらからご登録ください!

友だち追加

Copyright © 2020 Repre(リプレ)の婚活ブログ All Rights Reserved.

Source: Repreリプレの婚活ブログ