build-a-house-4503738_1280.jpg

先日、YAHOO!ニュースを見ていたら、以下の記事が目に留まりました。

家賃を払えないときは無理して払わないでください。諦めて住居を出ることもしないでください。

先日のブログ記事「不動産業界に腹立つこと」で、家賃滞納者のせいで保証料を払わされていることに対する怒りを表明しました。
家賃滞納を助長するような、当記事は到底看過できるものではありません。

特に気になった点について、反論したいと思います。

「今回は支払いたくても支払えない、という緊急事態であることが重要であり、誰にも罪がない天災と言ってもいい事態だ。」

→罪は家賃滞納者にある

そもそも新型コロナの影響で、不況になったのはここ1・2ヶ月のこと。
その程度で家賃が払えなくなるのは、当人のリスク管理に問題があります。
貯金をしておけば何の問題もありません。

「不動産業者や大家業をしている方たちは、従来通り、借主や債務者への支払いを求めるのではなく、政府に補償を求めてほしい。」

→大家に負担を強いらないでほしい

家賃払ってもらえなくても、そうそう簡単に政府が補償してくれるとは思えません。
と言うか、税金で補償すべきではないと思っています。
家賃滞納者を差し置いて、大家さんに負担を強いる発言は違和感ありまくりです。

「「支払え」と言われても、支払う金銭が不足しているのだから、不可能を強いることはできない。」

→家賃は前払いだから、払えないなら翌月住まなければいいだけ

他の仕事をする、借りる、生活保護を受ける等々。
払う手段はいくらでもあります。
そもそも家賃は、来月住むためのお金を月末頃に払うのが普通。
どうしても払えないなら出ていくだけで、家賃滞納は基本悪意です。

「家賃滞納やローンの不払いに寛容な社会になるようにしたい。」

→家賃滞納やローン不払いにはもっと怒る社会になるようにしたい

家賃滞納者に寛容になることで、みんながハッピーになるならそれでいい。
しかし家賃滞納を許容すれば、そのしわ寄せは必ず誰かに行きます。
まずは大家さんが被ることになるし、ひいては家賃、敷金・礼金・保証料という形で善良な借り主が負担することになります。

現状、大半の人は例え苦しくても家賃を捻出しています。
どうしても払えなくなった人は、実家や知人宅を頼ったり、もっと家賃の安い所に引っ越したりする。
で一部の人が、借り主の権利が強いことを逆手に取って、家賃を払わずに居座り続ける。

正直者がバカを見る典型的な構図になっており、不健全です。
コイツらにはもっと怒ってもいいと思います。

いくら不況だからと言って、家賃滞納を正当化して、善良な人がその尻拭いをさせられることはあってはなりません。

家賃は無理してでも払ってください。できないなら諦めて住居を出てください。
Source: Time is money  キムのお金日記