昨日、職場に配達されるはずの新商品700点ほどが待てども待てども来なかった。
通常は午前中に配達されるのに昼を過ぎても来ない為、本社の在庫管理部に連絡、ここで配送状況などが全て分かるようになっている。
がしかし・・「来てない?じゃあ分からん」と言う。

私は「昨日送られて来たそちらからのメールでは本日到着になっていますが、今日は来ないという事ですか?間違いですか?それとも配達トラックの問題などが理由ですか?」と聞いてみた。
担当者は「それも分からん」と言う。

ほぼ毎日、各店舗に配達される商品は2日前に工場にて荷造りされる。その時点で各支店には「2日後にこれらが配達されますよ」とメールで知らされるから、私達現場の人間はそれを元に商品配置を決めたり、売れない商品を下げて新商品を入り口前に置くなどの準備をする。

私は「データがあるでしょ?うちに2日前にメールが来ているという事は、そちらから送信された事になる。それには伝票番号があり、いつにトラックに乗ったかパソコンを見れば分かりませんか?」と言うも、担当者は「分からん。来ないなら来ない。明日にくるのでは?」と言う。

そもそもコイツはパソコンを見る気もないのだと思った。
これが本社の人間かと思うと、誰がこの答えを持っているのか・・

結局、今日の朝になって今日の分と昨日の分が大量に届いた。
顔なじみの配送担当のおっちゃんに「昨日待っててんでー!何で来へんかったんよ?」と聞いてみた。
おっちゃんは「いや、昨日はここへの配達はトラックに乗ってなかったで」と言う。

私は本社の担当者にメールでも良かったが怒りが収まらず電話した。
「昨日来るはずの荷物は今日の分と一緒に来ましたわ」と報告。
担当者は「クリスマス休暇で頭がボケてて、まだ皆、日程がズレてるのよ。分かるでしょ?」と言った。
心を無にして受け流す
私は一生、この謝らない文化を理解できないであろう・・
人気ブログランキングへ
Source: イギリス毒舌日記