PAK86_aoiroshinkokusyorui20140312_TP_V_20200101082648ceb.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新年1発目の記事は、昨年の決算。
1_2019123117433376e.png
2_20191231174334a8e.png

(収入) 217.3万円 予算+45.6万円

■就労収入 61.9万円 予算+36.3万円

予定より大きく上振れ。
日雇い、リゾバ、レギュラー、様々働きましたが、「あれ?意外といけるな」とバイトに自信を持てた1年でした。
完全リタイアは理想ですが、一方で年間60万円程度なら、そう負担なく稼げそうです。

■利息 0.3万円 予算±0円

個人向け国債、銀行利息。
2019年も低金利だったので、こんなもんですね。

■就労外収入 58.9万円 予算-7.1万円

主にブログ収入低下で、予算割れ。
MSはぼちぼちでした。

■雑収入 96.1万円 予算+16.3万円

両親の確定申告を手伝って、お小遣いを貰いました。
これはかなり大きく、2020年も収益の大きな柱になりそう。
その他、金券を売却したりでせこせこ稼ぎました。

(支出) 146.1万円 予算+1.5万円

■食費 8.7万円 予算+1.5万円

ほぼ自炊で1年間終了。
舌がバカなんで、これで特に問題ありません。
バランスも、以前に比べれば良くなったつもり。

■被服費 1.5万円 予算-0.3万円

特にこだわりがないので充分。
バイトでのYシャツ、ネクタイ新調が想定外でした。

■教養娯楽費 38.8万円 予算+4.9万円

スポーツクラブ、DAZN、そして旅行と充実した娯楽を享受できました。
旅行も決して聖域化せずに、徹底リサーチで余分な出費は抑えられたので、良かったと思います。

■交通費 1.7万円 予算-0.1万円

冬以外はどこへ行くのも自転車移動。
15km以内なら余裕です。
冬のレギュラーバイトでの交通費が嵩み、予算オーバーでした。

■交際費 3.2万円 予算-2.0万円

まさかの彼女が出来たので、嬉しい誤算で予算オーバー。
札幌に来てもらうことが多くて、その時は僕が出すことが多かったです。
来年仙台に行った時は、奢ってもらおう。

■住居費 39.1万円 予算-1.5万円

家賃約3.1万円で、まあまあの家に住めているので満足しています。
保証料1.5万円の計上忘れで予算オーバー。

■日用品 9.6万円 予算-7.2万円

8.5万円でPCを買い替えたので、大幅に予算オーバー。
買い替えはやむを得ないのですが、その前に買ったPCが2年もたずに完全に失敗。
高額の買い物は、さらに慎重にしないといけません。

■医療費 0.7万円 予算+1.7万円

全て歯医者費用。
歯石取りと虫歯治療です。
来年はもう少し医療費を増やして、予防医療を意識したいです。

■保険 0.4万円 予算+0.4万円

安い火災保険に切り替えて、4,000円浮かすことに成功。
その他の保険は一切加入していません。

■光熱費 16.1万円 予算+2.1万円

冬の灯油代にビビってましたが、まあ思った程ではありませんでした。
外出を多めにしたのも良かったのかもしれません。
電気代は新電力導入で、削減に成功しました。

■通信費 2.5万円 予算-0.7万円

バイトやMS関連で、意外と電話代がかかってしまいました。
ネットはアパートの無料wifiで無料です。

■税金 6.6万円 予算±0円

2018年度の住民税が残り1回分で6.1万円、2019年度は0.5万円。
セミリタイアで弱者の仲間入りが出来ました。

■社会保障料 16.9万円 予算+0.6万円

年金は2018年に2年分払っているので、公的保険のみ。
2018年度は任意継続で月3.5万円、2019年度は国保で月1.4万円。
こちらも弱者に近づいてきました。

■雑費 0.3万円 予算+2.1万円

クレジットカードの年会費が主。
特に大きなものはありませんでした。

(収支・総括) +71.2万円 予算+47.1万円

2019は1年間フルのセミリタイア。
収支は、70万円の大幅黒字で終えることができました。

株価も好調だったので、総資産は4,600万円を超え!

年金支払、移住等の出費がないとは言え、予想以上の好結果となりました。

そして自分のなりのセミリタイアの形が見えてきました。

今年は、収入217万円、支出が146万円。

収入は出来すぎだとしても、支出はこのぐらいがいい感じかなと。
年金は均すと年20万円、移住も均すと年10万円。
だいたい年間180万円程度が目安だと分かりました。

収入も1つに頼るのではなく、無理しない範囲で常に模索して、年180万円を目指す。

こうして収入均衡で、完全リタイアできるまで持っていく。

2020年以降の取り組みが明確になってきました。
Source: Time is money  キムのお金日記